TOP

2015年 下半期

ITエンジニアが選ぶ
注目のタグランキング

dots.ユーザーであるエンジニア33,000人が
2015年下半期に注目したタグランキングを発表します。

2015年下半期タグランキング

2015年下半期に、新たに「お気に入りタグ」として設定されたタグ数のランキングです。
1

プログラム > JavaScript

JavaScript

お気に入りタグ数:2,049

開催予定イベント

2

Web制作 > HTML

HTML5

お気に入りタグ数:1,749

開催予定イベント

3

プログラム > JavaScript

jQuery

お気に入りタグ数:1,608

開催予定イベント

人気上昇タグ総評

2015年下半期に人気上昇したタグに関して総評コメントをいただきました。
  • 6

    11位

    開発サポート
    GitHub
    お気に入りタグ数:1,401
    開催予定イベント

    GitHub APAC 堀江 大輔氏
    GitHub APAC プログラム・マネージャー
    堀江 大輔氏 
    2015年は6月にGitHub Japanがオープンし、日本の開発者コミュニティとGitHubの距離がより近くなった年であったと思います。また、世界的には昨年以降、MicrosoftやGoogleをはじめとした企業がオープンソースでの開発を前提とした環境整備を進めており、先日Appleもそういった流れに加わるなど、世界的に大きな流れもあり、こういったランキングに表れているのかもしれません。
    2016年は、全国各地でのパッチワーク開催など、さらにユーザーコミュニティとのコミュニケーションを深めていければと考えています。
  • 7

    28位

    プログラム > JavaScript
    Node.js
    お気に入りタグ数:1,399
    開催予定イベント

    株式会社ディー・エヌ・エー 古川 陽介氏
    株式会社ディー・エヌ・エー
    古川 陽介氏 
    Node.js が下半期急上昇したワードということで非常に喜ばしく思います。
    Node.js の人気自体は 2011年と2012年でひと盛り上がりしたものの、2013年、2014年とその後「そんなに話を聞かなくなった」と言われていた時代もありました。ただ海外を含めて盛り上がっているのを感じ、今では普通に企業のアドベントカレンダーや採用の中で「Node.js」の文字を見ることが多くなりました。2015年はNode.jsにとって激動の年でした。io.jsがforkし、体制がjoyentからNodeFoundationに変わり、Node.jsの初のメジャーバージョンである Node v4.0 がリリースされました。実際に見ることが多くなったのにはそういう体制を含めてしっかりしてきたというのが大きいと思います。
    改めて言うと、Node.jsが個人レベルのおもちゃであると言われていた時代は終わり、既にNode.jsを使ってプロダクトを作るフェーズに来ています。また海外のプログラマーの間ではハードウェアをハックする例やウェブ以外のプロトコルで通信する例が増えています。こういう本格的なプロダクション事例やエッジな事例がもっともっと増えてくることを代表として期待しています。みなさんも是非 Node学園やNodeSchool Tokyo に参加してください。
  • 9

    15位

    RDB > MySQL
    MySQL
    お気に入りタグ数:1,352
    開催予定イベント

    グリー株式会社 瀬島 貴則氏
    グリー株式会社 エンジニア
    瀬島 貴則氏 
    2015年は、MySQL界隈にとって話題に欠かない年になりました。7月にはMySQL 5.6互換を謳うAmazon Auroraがリリースされ、10月にはMySQL 5.7のGAがリリースされました。
    近年、ハードウェアの進化はめざましく、AuroraやMySQL 5.7はそれにあわせてソフトウェアが在り方を変えていった事例と言えるでしょう。ハードウェアの進化は一様ではなく、旧来のアーキテクチャではハードウェアの性能を引き出すことが難しかったりします。AuroraやMySQL 5.7は、現代のハードウェアの特性を踏まえた上で設計されているので、サーバ1台あたりの性能の伸び代は、過去のMySQLより向上してきています。かつて、ある程度の規模のサービスを提供する上で、データベースを分割しスケールアウトすることは不可欠でした。しかし、今はスケールアウトではなくスケールアップで解決できる問題が増えたので、エンジニアはサービスの改善に費やせる時間が増えたでしょうから、これは喜ばしい状況だと思います。
    MySQL 5.7に追加された新機能の一つに、マルチソースレプリーケーションという機能があります。複数のマスターを一台のスレーブに集約できるレプリケーション機能なのですが、これもまた、ハードウェアの性能向上がソフトウェアの在り方を変えた一例と言えるでしょう。最近注目しているのは、エンタープライズ市場でMySQL Clusterの導入事例が増えており、ミッションクリティカルシステムで稼働しているということです。このような市場で受け入れられ、MySQLの開発リソースが拡充され続けていくならば、今後のMySQLの進化には期待が持てるのではないでしょうか。
    これからもMySQLは進化し続けるでしょうが、その性能を引き出すのは、引き続きエンジニアの仕事です。進化に負けないよう、より一層精進していきたいと思います。
  • 19

    42位

    プログラム > JavaScript
    AngularJS
    お気に入りタグ数:1,135
    開催予定イベント

    フリーランス 金井 健一氏
    フリーランス
    金井 健一氏 
    2015年「AngularJS v1.x は安定した」といえる1年だったと思います。
    特にv1.4以降、大きな機能追加やバグも少なく、安心してプロダクトでも利用できるようになったと言えます。2016年早期にv1.5.0 のリリースを予定しているとのことなので、v1.xとしては、より完成されたものに近づいていくと期待しています。また、2016年中頃には、”Angular2” としてv2.0のリリースも予定されていて、そのための準備期間として2015年はv2.0の仕様策定や実装に追われる1年でもありました。モダンなWebアプリケーションの設計手法やES2015・ES.nextへの配慮などもされ、より魅力的なフレームワークとして注目を浴びることになるのではないでしょうか。
  • 28

    36位

    機械学習
    機械学習
    お気に入りタグ数:1,035
    開催予定イベント

    トレジャーデータ株式会社 田籠 聡氏
    トレジャーデータ株式会社 ソフトウェアエンジニア
    田籠 聡氏 
    機械学習は最近の大きなトピックになりつつあります。Deep Learningといった手法が大きな注目を集めることが増えてきた一方、着実にChainerやHivemallなどのソフトウェア・ツールおよびその動作環境などが整備されてきたため、専門の研究者だけではなく実際にサービスやプロダクトを担当する技術者たちのところまで裾野が広がってきたと言えるでしょう。背景としてこの数年でより簡単に大きなデータを扱えるようになってきたことも見逃せません。
    Apache Sparkのようなこの分野に強い分散処理基盤も広まりを見せていますし、Google TensorFlowという非常に影響力の大きいソフトウェアも公開されたばかりです。このトレンドはこの先もしばらくは続くのではないでしょうか。

    Chainer: https://research.preferred.jp/2015/06/deep-learning-chainer/
    Hivemall: https://github.com/myui/hivemall
    Apache Spark: http://spark.apache.org/
    Google TensorFlow: https://www.tensorflow.org/
  • Twitterでシェア
  • 0
    Facebookでシェア
  • 0
    Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加