TOP

クリップ
2016/11/22(火) 15:00 開催
東京都 東新宿

情シス担当者向け『サイバーセキュリティ経営ガイドライン』を読み解くセキュリティ講座

基本情報

日 時: 2016/11/22(火) 15:00 〜 17:30
会 場: NHN テコラス株式会社
住 所: 東京都新宿区新宿6-27-30 新宿イーストサイドスクエア13階

イベント内容

開催概要

企業が取り組むべき情報セキュリティ対策について、その原則と重要項目がまとめられた『サイバーセキュリティ経営ガイドライン』

昨年末に経済産業省によって策定された本ガイドラインでは、「経営者のリーダーシップの下でサイバーセキュリティ対策が推進されるべき」という内容が明記されており、経営課題としての取り組みが求められています。

そこで今回は、『サイバーセキュリティ経営ガイドライン』を経営者、情報システム担当者、開発現場のエンジニア、それぞれの目線で読み解き、具体的なセキュリティソリューションまで解説いたします。

参加要項

* 組織の情報システム担当者または情報セキュリティ担当者の方

* 情報セキュリティ対策を検討中の経営者の方

に特におすすめです。
※当日は名刺を2枚ご用意ください。

参加費

無料

タイムテーブル

14:30 受付開始

15:00~16:00 セッション1 【60分で理解する】企業経営におけるサイバーセキュリティとガイドライン

16:00~16:10 休憩

16:10~16:40 セッション2 セキュリティの現状を調査するための効果的な手法

15:40~17:10 セッション3 『サイバーセキュリティ経営ガイドライン』と開発現場への影響

17:10~17:30 閉会、Q&A

講演内容

セッション1 「【60分で理解する】企業経営におけるサイバーセキュリティとガイドライン」

『サイバーセキュリティ経営ガイドライン』について、策定に至るまでの背景から解説します。ガイドラインの全容をご理解いただき、情報セキュリティ対策について経営層とコミュニケーションを始めることを目的とします。

セッション2 「セキュリティの現状を調査するための効果的な手法」

ガイドラインには、「サイバーセキュリティ経営の重要10項目」という経営者への問いかけが記載されています。この10項目に沿って対策を実施するとき、担当者はどこから着手すればよいのでしょうか。セキュリティ課題の可視化をはじめ、適切な対策のための「考え方」をご紹介します。

セッション3 『サイバーセキュリティ経営ガイドライン』と開発現場への影響

経営者が決めた施策に対して、しわ寄せの対象となりがちな開発現場。セキュアコーディング?セキュリティツールの活用?…良い話も悪い話も、セキュリティ・エンジニアならではの視点から現場の取り組みを紹介します。

登壇者について

セッション1、2

グローバルセキュリティエキスパート株式会社
営業本部 営業企画室 室長 武藤耕也

セッション3

NHN テコラス株式会社
データホテル事業本部 SE部 SE企画チーム
香取弘徳
《登壇者プロフィール》
専門はWebセキュリティ。攻撃者の目線でアプリケーションを分析し、WAF設定やセキュアコーディングを行ってきた。
現在はDATAHOTELのSEとして、フルマネージドホスティング、支援アプリケーションの開発を担当。 また、Secured Hosting のテーマで、新プラットフォームの開発にも取組んでいる。

会場

名称:NHN テコラス株式会社

住所:〒160-0022 東京都新宿区新宿6-27-30 新宿イーストサイドスクエア13階
https://nhn-techorus.com/company/access.html#_tokyo

最寄り駅:
東京メトロ副都心線都営大江戸線「東新宿駅」A3 出口直結
東京メトロ丸の内線・副都心線・都営新宿線「新宿3丁目駅」E1出口徒歩6分

  • Twitterでシェア
  • 0
    Facebookでシェア
  • 0
    Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加

Facebookページ

dots.で申込可能なイベント