TOP

クリップ
2016/12/07(水) 19:00 開催
東京都 半蔵門

みんなのPython勉強会#19

基本情報

日 時: 2016/12/07(水) 19:00 〜 21:00
会 場: クリーク・アンド・リバー
住 所: 東京都千代田区麹町2-10-9 (C&Rグループビル 2F)

イベント内容

概要

「みんなのPython勉強会」では、Pythonを中心としてプログラミングを仕事、研究、趣味など様々なシーンに生かす方法を一緒に学びます。プログラマ、WEBエンジニアに限らず、初心者からマスターまで様々なレベルの、いろいろな分野の人が集まるので、「みんな」の勉強会です。お気軽にご参加ください。

日時: 2016月12月7日(水)
   受付:18:30〜19:00
   勉強会:19:00〜21:00
   懇親会:21:00〜22:00

会費:
 ・一般 1,000円(懇親会費込み)
 ・学生 無料(先着20名)※受付時に学生証を提示してください
 ※関係者以外の方は「スタッフ・講師」枠を選択しないでください。

持ち物:
 ・名刺(受付の際に1枚、ご提供ください)
 ・受付票(本サイト右側の「受付票を見る」から印刷してください)

対象者:
 ・Pythonに関心のある方
 ・プログラミングに関心のある方
  会場:
  株式会社クリーク・アンド・リバー社 2F レインボーホール
  〒100-8111 東京都千代田区麹町2丁目10−9 C&Rグループビル
  http://bit.ly/1F3nJ32 

参考文献:
・辻真吾、「Pythonスタートブック」、技術評論社(2010)
・Wes McKinney、「Pythonによるデータ分析入門」、オライリー・ジャパン(2013)

協賛: リーディング・エッジ社


勉強会プログラム

Talk 1:「シェルでコンピュータを操ろう」
辻 真吾(@tsjshg)

マウスを使ったGUI(Graphical User Interface)は、直感的で便利なので、いまではコンピュータを操作すると言えば、この方法が主流ですが、コンピュータが生まれた当初は、素っ気ない画面に短いコマンドを入力するCUI(Character User Interface)しかありませんでした。これはシェルと呼ばれるソフトウェアを介して行われます。さまざまなシェルがありますが、なかでもbashは広く普及し、いまではbashが動かないOSはほとんどありません。今回は、このbashを中心に、CUIでコンピュータを操作する方法を紹介します。初学者の方の、プログラミングへの敷居を下げることを目指す一方、玄人の方から、目から鱗の突っ込みも期待しています。

Talk 2: 「SQLで遊んでみよう」
山田 聡(@denzowill)

RDBMSを中心に用いられてるSQLは、データ操作に特化した非手続き型言語です。NoSQL等が話題になって久しいですが、ここで今一度SQLの基本に立ち返りつつ、PostgreSQLを題材にSQLで色々と遊べるところをご紹介します。

Talk 3: 「Python Stats」
加藤 勇介(C&R グループ)

人気上昇中のプログラム言語 Python に関わる様々な統計データをビジュアライズに紹介しつつ、他の言語と比較をしながら、Pythonがどのような特徴を持つか探っていきます。これに合わせてライブラリやツールのダウンロード集計から、どのようなアプリケーションでPythonはよく利用されているか?Pythonの定番ツールは何か?など入門の次に生じる疑問にデータから答えていきます。


懇親会(ビアバッシュ)

会場にてビアバッシュ。
LT(ライトニングトーク)のネタがある方はぜひどうぞ。

  • Twitterでシェア
  • 0
    Facebookでシェア
  • 0
    Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加

タグに関連するイベント

2016/05/01(日) 00:00 〜 2017/12/31(日) 00:00
2017/01/22(日) 10:00 〜 20:00
東京都 東銀座

Facebookページ

dots.で申込可能なイベント