TOP

クリップ
2016/10/06(木) 19:30 開催
東京都 西新宿

第7回Reactive Application Development読書会@西新宿

基本情報

日 時: 2016/10/06(木) 19:30 〜 22:00
会 場: bit & innovation
住 所: 東京都新宿区西新宿6丁目24番1 西新宿三井ビルディング23F

イベント内容

開催概要

「Reactive Application Development(by Duncan Devore and Sean Walsh)」の読書会7回目です。

  • 日時: 2016/10/6(木) 19:30-22:00
  • 場所: bit & innovation
  • 定員: 8名

進め方

事前準備

  • 担当ページの翻訳(or要約)※担当ページは読書会の最後に決める

当日

  • 事前翻訳した内容を当日順にシェアし、その内容に対してディスカッション
  • 翻訳やシェアの具体的な方法は初回参加時に説明
  • 最後に次回分の要約を次回参加可能な人で割り振る
  • 1回20ページ程度のペースで進めてみて、ペースは参加者に合わせて調整して行く

今回のターゲットと分担

ターゲット 担当
# 4. Domain-Driven Design
## 4.1 What is domain-driven design?
done
### 4.1.6 Anti-corruption Layers
### 4.1.7 Layered Architecture
### 4.1.8 Sagas
### 4.1.9 Shared Kernel
@applideveloper
ここからv5
## 5.2 An Actor-based domain
### 5.2.1 A Simple Akka Aircraft Domain
### 5.2.2 The actor
### 5.2.3 The Process Manager
## 5.3 Summary
@yugolf
# 8. CQRS and Event Sourcing
## 8.1 Driving Factors Towards CQRS/ES
### 8.1.1 Atomic, Consistent, Isolated, Durable Transactions (ACID)
### 8.1.2 Traditional RDBMS - Lack of Sharding
### 8.1.3 CRUD
@negokaz
## 8.2 CQRS Origins
### 8.2.1 Command, Queries, and Two Distinct Paths
@jkugiya
## 8.3 The “C” in CQRS
### 8.3.1 What is a Command?
### 8.3.2 Rejection Oh Noes!
### 8.3.3 Atomicity
### 8.3.4 Jack of All Trades, Master of None
@ythink
### 8.3.5 Lack of Behavior
### 8.3.6 The Order Example Part 1 - The Order Commands
### 8.3.7 Non Breaking Command Validation
### 8.3.8 Conflict Resolution
@ckbx_cakebox
## 8.4 The “Q” in CQRS
### 8.4.1 Impedance Mismatch
### 8.4.2 What is a Query?
@applideveloper
### 8.4.3 Dynamic Queries Not Needed - No More Pain
### 8.4.4 Relational vs NoSQL
## 8.5 Event Sourcing
### 8.5.1 What is an Event?
### 8.5.2 It’s all about Behavior
### 8.5.3 Life Beyond Distributed Transactions
### 8.5.4 The Order Example Part 2
### 8.5.5 Consistency Revisited
### 8.5.6 Retry Patterns (Reference Reactive Design Patterns)
### 8.5.7 Command Sourcing vs. Event Sourcing
### 8.6 Summary

想定参加者

  • Reactive Application Development を一緒に読んでみたい方
  • Reactive Systems, Akkaについて学びたい方
  • 途中参加も可能

用意していただくもの

タイムテーブル

時間 内容
19:15 開場
19:30~22:00 まとめてきた内容をシェア&ディスカッション

今後の開催予定

  • 読み終わるまで毎週木曜日(たまに休み)に開催する予定です。

これまでの読書会

読書会 内容
#1 1.What is a Reactive Application?
#2 2.Selecting a Toolkit
#3 2.Selecting a Toolkit
#4 3 Akka Basic Toolkit
#5 3 Akka Basic Toolkit
#6 4.Domain-Driven Design
  • まとめ情報はGoogleドライブで参加者のみに共有
  • 過去の情報も参照できるので、途中からの参加も問題ありません。
  • Twitterでシェア
  • 0
    Facebookでシェア
  • 0
    Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加

タグに関連するイベント

2016/12/17(土) 14:00 〜 18:00
東京都 恵比寿
2016/12/11(日) 13:00 〜 17:00
島根県 松江

Facebookページ

dots.で申込可能なイベント