TOP

クリップ
2016/10/14(金) 19:30 開催
東京都 代々木

増員60名【#TechBuzz】10/14 第1回 VR/AR/MR勉強会

基本情報

日 時: 2016/10/14(金) 19:30 〜 22:00
会 場: 代々木TechBuzzSpace(JECビル 5F)
住 所: (東京都渋谷区代々木1-27-16 JECビル 5F)

イベント内容

■Wifi情報
id: pr500k-85430b-1 pass: 0c7321f59c4db
id: pr500k-85430b-3 pass: f0866853567b1

TechBuzzの勉強会でご発表をご希望の方は、こちらからお申込ください!

■タイムテーブル

※タイムテーブルは変更になる可能性がございます。少人数開催の場合、ドリンクアップ形式となる場合があります

時間 発表者 発表内容
19:40- Riftup@VR/MR in JPさま HoloLens以外のMR/ARデバイス、Metaについて
・デバイス別テーマ(Meta)
・興味ある人向け
発表資料はコチラ
20:10- 赤坂玲音さま Unity × HTC Vive で開発する VR アプリケーション
・デバイス別テーマ(HTC Vive)
・興味ある人向け
発表資料はコチラ
20:40- ネットワーキングタイム 積極的に名刺交換しましょう!

■発表者

(1)Riftup@VR/MR in JPさま
VR/MRアプリ開発者。日本初?のUnity Certified Developer & 10月からMicrosoft MVP for Visual Studio and Development Technologies
海外で注目が高まっているVRやMRを日本にも広めたくて、コンテンツ出展、記事執筆、Unityでのアプリ開発Tipsをブログ(http://magicbullet.hatenablog.jp/)で紹介、などの活動を行う。
Twitter ID : @WheetTweet

◯発表テーマ:HoloLens以外のMR/ARデバイス、Metaについて
 ・デバイス別テーマ(Meta)
 ・興味ある人向け

発表概要:実空間にホログラムを重ねるMR(Mixed Reality)体験ができるデバイスとしてHoloLensが有名ですが、VR/MR開発者の中ではHoloLens以外にもMetaに注目が集まっています。しかし、Metaは2013年からプロジェクトが始まっていたことや、前世代機のMeta1についてはあまり知られていません。
今回の発表では、数少ないMeta1所持者の立場からMetaの振り返り、アプリ開発方法、およびMeta2のアプリ開発方法について紹介いたします。
(Meta2はまだ届いていないので、Meta2アプリ開発方法については、公開情報やMeta1アプリの開発知見からの推定になります、ご了承ください)

(2)赤坂玲音さま

フリーランスのエンジニア・技術ライター。
2005年~現在まで Microsoft MVP - Visual C++ 受賞。

◯発表テーマ:Unity × HTC Vive で開発する VR アプリケーション
 ・デバイス別テーマ(HTC Vive)
 ・興味ある人向け

発表概要:VR 対応ゲームやアプリケーションに興味をお持ちの開発者向けに
Unity で HTC Vive に対応するための設定とコーディングについて解説します。

■参加対象者

・VR/AR開発に興味のあるエンジニアの方
※営業や採用目的の方は参加できません!(受付時に確認致します)
※参加規約はこちら

■場所

代々木Tech Buzz Space(代々木駅西口改札徒歩60秒!) アクセス地図

■持参していただくもの

●名刺1枚(リピーターさんは不要です)
●参加費はTechBuzzステッカーをPCその他に貼られている方は無償です!(通常500円)
※TechBuzzステッカーは当日無償で配布しております

■主催運営:【ソーシャルスマートコミュニティ】HatchUp

【10/14】第1回VR/AR/MR勉強会
【11/18】第5回GAMEサーバサイド&ミドルウェア開発勉強会
【11/25】第41回Unity勉強会
【12/2】第26回HTML5+JS勉強会

  • Twitterでシェア
  • 0
    Facebookでシェア
  • 0
    Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加

Facebookページ

dots.で申込可能なイベント