TOP

クリップ
2016/09/29(木) 15:00 開催
東京都 秋葉原

企業で使うZabbix ~ラトビア最新情報とZabbixの応用~

基本情報

日 時: 2016/09/29(木) 15:00 〜 18:00
会 場: ハロー貸会議室秋葉原駅前
住 所: 東京都千代田区神田和泉町1-1-16 KONKOビル7階

イベント内容

本セミナーの対象者

・企業の情報システムにおいて、Zabbixを検討中、又は活用中の方

本セミナーに参加していただくメリット

・9月9-10日にラトビア共和国のリガで、第6回Zabbix Conferenceが開催されます。
 このイベントはITエキスパート、ビジネスリーダー、Zabbixコミュニティメンバー、Zabbix開発チームが監視についてのビジョンや情熱を交わす、Zabbixのメイン年次イベントです。
・本セミナーでは、Zabbix Japan 寺島氏より、この内容をいち早くお届けします。
・また、Zabbixパートナー各社から、企業におけるZabbixの活用についての情報をお届けします。

企業での採用が進む、Zabbix

Zabbixはオープンソースの運用監視ツールとして、企業に広く受け入れられています。
本セミナーは、そんなZabbixについて、企業で活用するためのノウハウを中心にご紹介します。

※以下の内容は調整中であり、変更される可能性があります。

AWSやAzureなど、マルチクラウド環境や、ハイブリッドクラウド環境における統合運用監視のあり方

AWSなどのパブリッククラウドと、プライベートクラウドとを併用する「ハイブリッドクラウド」はもちろんのこと、最近ではAWSやAzureなど複数のパブリッククラウドを併用する「マルチクラウド」も普及しつつあります。
このような環境におけるシステムの統合運用監視はどうあるべきでしょうか。
TIS株式会社より、事例を交えて紹介します。

Fluentd + Zabbix + Grafana でグラフィカルなログ分析

エラーログだけではなく、正常ログについても蓄積、可視化することで、システムの状態を把握し将来のリソース計画などに活用しようという動きが広がっています。
このような分野において、オープンソースの組合せによってログの可視化と分析を実化する例を、SRA OSS, inc. 日本支社より紹介します。

JP1やTivoliなどの商用監視ツールからZabbixへの移行

JP1やTivoliは、企業でよく使われている商用の監視ツールです。
Zabbixの活用を検討されている企業でも、このようなツールを既に使っているケースも多いと思います。
これらの商用監視ツールから、Zabbixへ移行する場合の方法や考慮点などいついて、株式会社システナより紹介します。

統合運用監視の実現 - Zabbixの可能性を更に拡大、機能強化 -

多くの企業がZabbixを監視業務に導入し、商用の監視ツールからの移行も多くなっています。監視業務はZabbixで実現できますが、統合運用監視の実現には、他にも機能が必要です。「Integrated Viewer for Zabbix」(略称:IVZ)は、Zabbixに、国内のユーザーが活用しやすいUIと機能をアドオンした統合運用監視ツールです。統合ビューア、エージェントレス監視、ジョブ管理、レポート出力等、豊富な機能を実現しています。
株式会社ヴィンクスからは、この「IVZ」を中心に、統合運用監視の実現について、紹介します。

Zabbix Conference 2016@ラトビア の内容をいち早くお伝えします。

9月9-10日にラトビア共和国のリガで、第6回Zabbix Conferenceが開催されます。
このイベントはITエキスパート、ビジネスリーダー、Zabbixコミュニティメンバー、Zabbix開発チームが監視についてのビジョンや情熱を交わす、Zabbixのメイン年次イベントです。
本セミナーでは、Zabbix Japan 寺島氏より、この内容をいち早くお届けします。

満席が予想されますので、いますぐお申し込みください!

スケジュール

14:30~      受付開始

15:00~15:30 Zabbixを用いたマルチクラウド・ハイブリッドクラウド環境の効果的な統合監視

TIS株式会社 OSS推進室 池田 大輔

マルチクラウド・ハイブリッドクラウド環境の運用管理が必要となるシーンが増えています。本セッションではこのようなシーンに対する検討のポイントや対応策を具体例を交えてご紹介します。また、TISが提供するZabbixの「AWS監視テンプレート」についてもご紹介します。

15:30~16:00 Fluentd + Zabbix + Grafana で監視システムを構築してみよう

SRA OSS, inc. 日本支社 盛 宣陽

OSSのログ収集基盤 Fluentd で収集した各種ログを、OSS の監視ソフトウェアで定評のある Zabbix で監視を行い、Webブラウザで動作するダッシュボードツール Grafana でグラフィカルに表示する、という仕組みを紹介します。それぞれのソフトウェアについても紹介しますので、初めての方の参加も大歓迎です。

16:00~16:30 商用監視ツールからZabbixへ移行と、運用監視アウトソーシング

株式会社システナ 土屋俊介

商用監視ツールからのZABBIXへのリプレイスのポイントについて実績をベースにご説明させて頂きます。また、システム監視自動化サービス についてもご紹介させていただきます。

16:30~16:40 休憩

16:40~17:10 Zabbixの可能性を更に拡大、機能強化

株式会社ヴィンクス 赤松正浩

Zabbixベースの統合運用監視ツール「IVZ」(略称)を中心に、統合ビューア、既存ツールとの共存・連携、エージェントレス監視の拡張、ジョブ管理、レポート出力、IBMi連携等の豊富な機能と事例についてご紹介します。

17:10~17:40 Zabbix Conference 2016@ラトビア速報

Zabbix Japan 代表 寺島広大

9月9-10日にラトビア共和国のリガで、第6回Zabbix Conferenceが開催されます。このイベントはITエキスパート、ビジネスリーダー、Zabbixコミュニティメンバー、Zabbix開発チームが監視についてのビジョンや情熱を交わす、Zabbixのメイン年次イベントです。本セッションではこの内容をいち早くお届けします。

17:40~18:00 質疑応答、アンケート等

主催

オープンソース活用研究所
マジセミ

協賛

Zabbix Japan LLC
TIS株式会社
SRA OSS, inc. 日本支社
株式会社システナ
株式会社ヴィンクス

※ご記載いただいた内容は、株式会社オープンソース活用研究所にて収集し、オープンソース活用研究所 および共催企業のZabbix Japan LLC、TIS株式会社、SRA OSS, inc. 日本支社、株式会社システナ、株式会社ヴィンクスにて共有させていただきます。ご記載を頂いた個人情報は株式会社オープンソース活用研究所および協賛企業にて厳重に管理し、サービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。ご記載いただいた個人情報は、法律に基づいた、警察等の行政機関や司法機関からの要請があった場合を除き、第三者には提供いたしません。
〔お問合せ先 及び 個人情報保護管理者〕 株式会社オープンソース活用研究所 個人情報保護管理者 連絡先:03-5990-5417

※競合もしくは競合になる可能性のある事業者様や、個人としての方は、当社判断によりご遠慮頂く場合がございます。予めご了承下さい。

  • Twitterでシェア
  • 0
    Facebookでシェア
  • 0
    Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加

タグに関連するイベント

2016/12/07(水) 18:00 〜 21:30
東京都 目黒
2016/12/05(月) 18:30 〜 21:00
神奈川県 関内

Facebookページ

dots.で申込可能なイベント