TOP

クリップ
2016/08/24(水) 18:00 開催

第1回VRビジネスフォーラム~SIGGRAPH2016 VR Village最新リポートとVRビジネス2020までのロードマップ

VR

基本情報

日 時: 2016/08/24(水) 18:00 〜 21:30
会 場: サムスン電子ジャパン本社イベントホール/飯田橋
住 所: 東京都千代田区富士見2-10-2飯田橋グラン・ブルーム2F Japan

イベント内容

「SIGGRAPH2016 VR Village最新リポートとVRビジネス2020までのロードマップ」

~先進企業によるVR最新事例紹介とパネルディスカッション


2016年7/24~28 米国アナハイムで開催する世界最大のコンピュータグラフィックスイベントSIGGRAPH(シーグラフ)2016。 会期中、VRに特化した体験型展示エリアの“VR Village ”で、特に注目されたトピックスを厳選して紹介します。
また、日本においてVRビジネスを、いち早く果敢に展開している先進企業のプロデューサーをお招きし、自社VR最新事例の裏側を紹介します。 更に、 4年後に迫った2020年東京オリンピックまでの、VR関連ビジネスやサービスの可能性を議論し、今後のVRビジネスのロードマップを 描きます!


★イベントの詳細★


イベントの詳細は→こちらから

http://vracademy.jp/events/1/index.htm


タイムテーブル★


18:00開場


「VRコンテンツ体験会」

 ~参加自由


 ・積木製作エジェNTTドコモサムスン電子ジャパン 4社様予定


19:00 開会


第1部 「 SIGGRAPH2016 VR Village 最新リポート」

~シリコンバレーよりライブビデオ予定


コンピュタアーキテクト 杉沼浩司 ph.D.(電気・計算機工学)


第2部 「NTTドコモのVR戦略」


株式会社NTTドコモ

移動機開発部 第二イノベーション推進担当

担当課長 博士(情報学) 的場直人


第3部 「先進企業のVR最新事例紹介」


株式会社積木製作

取締役 マネージャー 赤崎信也


株式会社eje

VR推進部

執行役員 待場勝利


第4部 「VRビジネス2020までのロードマップ」

~パネルディスカッション


モデレーター:

D4DR株式会社

代表取締役社長/コンサルタント 藤元健太郎


パネリスト:・積木製作エジェNTTドコモサムスン電子ジャパン 4社様予定 

                            

21:30 終了予定


開催概要★


名   称: VRビジネスフォーラム


日   時: 2016年8月24日(水)19:00~21:30 ※開場18:00

               18:00~19:00 VRコンテンツ体験会


会  場: サムスン電子ジャパン本社イベントホール

     東京都千代田区富士見2-10-2 飯田橋グラン・ブルーム2F


参加対象: VR関連ビジネスに関心のある企業の方々

     ・経営者、経営企画・経営戦略のご担当者

     ・新規事業開発のご担当者

     ・マーケティング等各部門のご担当者様 等がお勧めです!


参加定員: 30名限定


参加費用: 通常12,000円(税込)、早割10,000円(税込、8/5迄)


チケットの種類と金額について★


チケットの種類には、「早割(8月5日迄、但し定員になり次第締切)」と、「通常」があります。

購入時期によって金額が変わりますので、お早めにお買い求め下さい!

チケットには、体験会とSIGGRAPH2016最新NEWSが含まれています。


チケットのキャンセルについて★


大変申訳ございませんが、当イベントはチケットのキャンセルは対応しておりません。

Peatixチケットの譲渡機能をお使い頂き、ご知人にチケットをご活用お願い致します。


主   催: 株式会社VRデザイン研究所 株式会社WinWinWonder12

協  力: D4DR株式会社 花咲けピクチャーズ株式会社

当事務局: 株式会社WinWinWonder12 VRビジネスフォーラム事務局


★登壇者★


リポーター

コンピュタアーキテクト・Ph.D. 杉沼浩司

(電気・計算機工学) 日本大学生産工学部数理情報工学科 講師



米国カリフォルニア大学アーバイン校工学部電気・計算機工学科博士課程修了。Ph.D.。 アニメーションKABハイテックラボ・ジャパン、ソニーを経て大学教育に従事。1970年代よりCGソフトウェア開発ならびにCG制作を始め、世界初のレーザーディスクCGゲーム「StarFighters」(1984年)、ハリウッド映画TooMuch」(1987年)の制作に参加ソニーにおいては、CGに加えデジタルシネマの開発も行う。取得特許14件。著書に「移動体通信」(日本経済新聞)ほか



株式会社NTTドコモ

移動機開発部 第二イノベーション推進担当

担当課長 的場直人


1994年NTT入社。無線システムの研究開発や第4世代移動通信の国際基準化活動に従事。その後、2009年より端末ソフトウェアの導入、海外のオペレータやベンダと協力した新モバイルOSの立ち上げ、普及活動に従事。2015年よりVRの事業化、VR関連技術開発に取り組んでいる。

NTTドコモのVRの取り組み

近年盛んに技術進展が進んでいるVRを、ゲームやアトラクション利用だけでなく、観光案内や教育など、様々な実用的なサービス活用すべく、ニーズの掘り起こしから、アプリケーションの開発、事業化に取り組んでいる。特に通信会社としての強みを生かすことのできる、リアルタイムでVR映像を伝送する技術開発、事業化を進めている。更に、2020年に商用化を目指している第5世代移動通信により、高速低遅延の無線インフラが出現する将来を見据え、様々な魅力的なVRアプリケーションの創出を目指している。


株式会社積木製作

取締役 マネージャー 赤崎信也



同志社大学機械工学科卒業。機械エンジニアを3年間経験しCG制作の世界へ。 3DCGアニメーション制作会社を経て2005年積木製作入社。以来建築CGの制作に携わる。 2013年頃からVR事業を開始し、数多くのVR案件を経験。セールスプロモーションVRや建築、 建設業界向けのVRで多くの実績を積む。


株式会社積木製作   → http://tsumikiseisaku.com/


一級建築士でもある城戸太郎が20039月に設立。建築に特化したCG制作会社としてマンション、オフィス、公共事業等のCG完成予想図の制作を数多く手掛ける。建築空間を自在に歩きまわれるコンテンツを制作する為、2012年頃からVR事業をスタートさせる。その後、OculusRiftの登場によりVR需要が高まり、先行の利を活かして建築や不動産のみに留まらず、セールスプロモーション用VRエンターテインメント、教育等多岐に渡ってVRの実績を積む。 VRの代表作として東京モーターショー2015で展示したJatco CVT Virtual Driving」「FUSO AERO VR THEATER」2作品。また安全体感教育VR(明電舎)」恐竜戯画(オリジナルVRアトラクション)」 「BlastBlast(オリジナルVRゲーム)」等。


株式会社eje VR推進部

執行役員 待場勝利

大学を卒業後、アメリカで映画製作を学ぶ。TVディレクター、20世紀フォックス ホームエンターテイメントジャパンで日本語版プロデューサー、サムスン電子 ジャパンではGear VRを担当。2016年から株式会社ejeでVRのコンテンツに関わ る。数々のVR Projectを担当。


株式会社eje   → http://www.eje-c.com/


2004年設立。自社ではスタジオを完備し、動画・スチル・パノラマ撮影も可能。早くから VRコンテンツを意欲的に制作。良質なVRコンテンツを厳選して紹介するポータルアプリ「VR CRUISE」。ももいろクローバーZの「VR桃神祭」ライブや、「360 BAYSTARS」の野球を体感するコンテンツをGearVROculusプラッフォームよりダウンロード可能。日本全国のネットカフェにVRコンテンツを視聴体験できる「VR THEATER」を、20164月から稼動。進撃の巨人展 360°体感シアター“哮”』『攻殻機動隊 新劇場版 Virtual Reality Diver 完成版が世界初公開されている。また、コンテンツの映像と音が連動したボディーソニックによって振動の伝わるVR4Dシステム搭載のボールチェア「TELEPOD(テレポッド)」を開発・販売。 


<モデレーター>


D4DR株式会社

代表取締役社長/コンサルタント 藤元健太郎

1994年に野村総合研究所で日本最初のサイバービジネス実験サイトであるサ イバービジネスパークをトータルプロデューサーとして立ち上げ,ソフマップ, JTB,JCB,NTTドコモ,HONDAなどのインターネットビジネス参入の支援コンサル ティングを実施。フロントライン・ドット・ジェーピー社ではSIPS事業の先駆けとし て,多くのEビジネスを支援。現在もインターネット上のECやマーケティングなど 各種ビジネスのコンサルティング,調査研究を進めている。マルチメディアグラ ンプリ,オンラインショッピング大賞等の審査員。また日経MJコラムやレポート を執筆しており,主な書籍として「サイバー市場の可能性」(生産性出版)。








  • Twitterでシェア
  • 0
    Facebookでシェア
  • 0
    Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加

タグに関連するイベント

Facebookページ

dots.で申込可能なイベント