TOP

クリップ
2016/07/26(火) 19:00 開催
東京都 東新宿

夏は開発スタイルを再考する!

基本情報

日 時: 2016/07/26(火) 19:00 〜 21:00
会 場: 日本総合システム株式会社 大会議室
住 所: 東京都新宿区新宿6-24-16

イベント内容

ITが世界を急速に変え始めたことにより、世の中はようやくソフトウェアの価値に気づき、その開発スタイルに関心を持ち始めました。今回は、この開発スタイルを見つめなおす機会として、2本の講演を用意しました。一つ目は私(依田)が、二つ目は、著書「納品をなくせばうまくいく」でメディアが熱い視線を送っているソニックガーデン、倉貫義人社長が講演します。

プログラム

19:00-20:00 『ビジネスまで最短距離のモデリングを考える ~中規模以上のシステム構築で効果を上げるために』

今回は、私の昨年の講演(要求開発、PMAJ、UMTP)をまとめたお話をします。要件定義、基本設計、詳細設計など、それぞれに時間をかけるウォータフォール型の開発は、昨今すこぶる評判が悪いのですが、ウォータフォール型プロセスは、本来、ソフトウェアに限らず大規模なシステムを経済的に構築するための知恵です。
開発環境、プラットフォーム、ITインフラが便利になっても、上流の準備段階は欠かすことができない場合があり、その中の最重要なアクティビティがモデリングであると私は考えています。
では、そのモデリングとはどんなものか。今回は、従来の「モデル駆動」を振り返るとともに、「プラットフォームに制約された要求モデリング」について提案してみたいと思います。また、エンタープライズアジャイルと呼ばれる開発手法との関係にも触れるつもりです。

講師

株式会社シナジー研究所 代表取締役社長 依田智夫

20:00-21:00 『ソフトウェア受託開発の変化と未来 ~新しいビジネスモデル・ワークスタイル・マネジメント』

今ソフトウェアを取り巻く世界は大きく変わりつつあります。UberやAirBnbをはじめ、様々な業界で従来のビジネスモデルをソフトウェアが飲み込みつつあります。そうした社会の変化の中で、ソフトウェア受託開発に対するニーズも当然のごとく変化しています。これまでのように要件を定め、その通りに作ることが求められた時代は終わります。これからの受託開発に求められるものは何か、どうやって応えていくべきか、私たちが取り組むべき受託開発の未来についてお話ししたいと思います。また、これからの働き方として注目される「リモートワーク」。いつ、どこで働いても良いというワークスタイルは、一体どうやってマネジメントしているのか、どんな問題を解決するのか、ソフトウェア開発に携わるエンジニアの新しい働き方についてもお話しします。

講師

株式会社ソニックガーデン 代表取締役社長 倉貫義人

懇親会について

プログラム終了後、近所の居酒屋にて懇親会を行います。申込時に懇親会に参加登録してください。懇親会は有料で普通の飲み会程度のお代をいただきます。時間の都合で途中で帰ることも可能です(状況により適宜精算)。

注意事項

  • 当日はチケットを表示できるデバイスまたは印刷したチケットをお持ちください。チケットをお持ちいただけない場合、入場の確認にお時間を頂く場合がございます。
  • 満席となった場合はキャンセル待ちができます。あきらめずに登録お願いします。また申し込んだ方についても都合が悪くなった際にはキャンセル手続きを行い、他の方に席をお譲り下さい。
  • 顔の見える運営をこころがけております。可能であれば参加登録時には、実名・実際の所属名を明らかにして申込みいただきますようにお願いいたします(匿名でもかまいませんが、当日は実名でご参加下さい)。
  • 基本的には「要求開発」またはソフトウェア開発の企画立案フェーズに関する知識のある方を対象としています。
  • Twitterでシェア
  • 0
    Facebookでシェア
  • 0
    Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加

タグに関連するイベント

2017/01/14(土) 13:00 〜 21:00
東京都 西新宿
2016/12/14(水) 11:00 〜 17:00
東京都 神泉
2016/12/08(木) 19:00 〜 22:00
愛知県 名古屋
2016/12/16(金) 19:30 〜 21:30
東京都 神泉

Facebookページ

dots.で申込可能なイベント