TOP

クリップ
2016/06/17(金) 13:30 開催
大阪府 大阪

大阪開催 「事例も参考に:IoT/M2M基本講座」~全体図から個々の必要なことまで~

基本情報

日 時: 2016/06/17(金) 13:30 〜 16:45
会 場: グランフロント大阪タワーB 10階会議室:B02
住 所: 大阪府大阪市北区大深町3−1

イベント内容

●こちらからお申し込み下さい。
http://www.macnica.net/splunk/seminar_07.html/

あらたに取り組むべきデータ活用の中でもIoTやM2Mといった分野は、リアルタイム性やストリーミングといった新しい仕組みやテクノロジーを必要とします。収益向上や売上向上といった攻めのデータ活用だけでなく、歩留まり向上や品質向上、セキュリティといった「守り」のデータ活用にも活かせます。

当セミナーでは、IoT、特に事例やIoTデータ分析を支える基盤に焦点を絞り、今の分析環境を活かした形でIoTを意識した今後の分析ニーズに応えられる基本的な事項にも触れながら解説・ご紹介いたします。

●14:00~14:05 <ご挨拶&全体概要ご紹介>
三菱電機インフォメーションシステムズ株式会社関西支社
御挨拶及び本日の基本講座の概要についてご説明いたします。

●14:05~14:45 <既存DWHを活かしてIoTに対応!どの企業でも可能なDWH Modernization>
マップアール・テクノロジーズ株式会社 ディレクター 三原茂 氏
リアルタイムやストリーミングといったキーワードが飛び交うIoT。従来のRDBMSだけでは対応しきれない時代がやってきました。実際どういうユースケースがあるのか、IoTに対応した分析基盤やデータ活用基盤とはどういうものか。今のシステム資産を活かしてどうそのIoTへの対応していくかを事例も交えながらご紹介します。

●14:45~15:25 <IoT・ビッグデータ時代の次世代型データ統合基盤>
Talend株式会社 セールスマネージャー 赤羽善浩 氏
従来のオンプレミスシステムを対象としてきたETL基盤は、ビッグデータやIoTの時代を迎えるにあたり、無用の⻑物と化してきました。昨今のトレンドであるWebAPIやビッグデータ統合といったテーマへ柔軟な対応が可能な次世代型の統合基盤をご紹介します。

●15:25~15:30 休憩

●15:30~16:00 <Hadoopデータの柔軟な検索と可視化を実現!「Hunk」とは>
マクニカネットワークス株式会社 鈴木富士雄
あらゆるユーザにHadoop内の⽣データに直接アクセスさせ、直感的かつ容易な操作と、自由自在な検索によって、データ分析作業の効率化、迅速化を実現します。ビッグデータ市場で急成⻑中のSplunk社が開発した、Hadoopビッグデータ分析プラットフォーム「Hunk」をMapRとの連携事例を交えてご紹介します。

●16:00~16:20 <マルチテナント利用を実現する大規模データ分析共通基盤の構築>
三菱電機インフォメーションシステムズ株式会社 産業第三事業部 窪健太郎 氏
三菱電機インフォメーションシステムズは、⾼速化や⾼信頼性に加えてマルチテナント運用向け機能を持つHadoopディストリビューションであるMapRを用いて複数用途のサービスを共存させるマルチテナント構成による運用⽅法の確⽴に取り組みました。クラウドサービスに適するマルチテナント構成のHadoopクラスタ構築と運用面でのポイントをご紹介します。

●16:20~16:40 <大規模データ分散処理技術を活用したバッチ⾼速化ソリューション>
三菱電機インフォメーションシステムズ株式会社 産業第二事業部
三菱電機インフォメーションシステムズは、MapRを用いた分散処理によるバッチ⾼速化ソリューションを提供しています。本ソリューションではワンストップでお客様へバッチ処理の⾼速化を提供します。本ソリューションのご紹介とバッチ処理を10分の1に短縮した導⼊事例についてご紹介いたします。

  • Twitterでシェア
  • 0
    Facebookでシェア
  • 0
    Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加

タグに関連するイベント

Facebookページ

dots.で申込可能なイベント