TOP

クリップ
2016/05/17(火) 14:30 開催
東京都 六本木

GREE Creators' Meetup 第4回 ※終了しました

基本情報

日 時: 2016/05/17(火) 14:30 〜 21:00
会 場: グリー本社
住 所: 〒106-6112 東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー9階

イベント内容

更新情報

GREE Creators' Meetup 第4回について

今回のGREE Creators' Meetup(※1)は、スペシャルゲストを二人お招きして開催します。

一人目は、元ドリームワークスでビジュアルデベロップメントとして活躍され、Oculus社の3Dアニメ作品「ヘンリー」にてビジュアルデベロップメントアートも担当された伊藤 頼子氏をお招きし、ディレクターの世界観をビジュアル化する際の制作のやり方・工程作品紹介やシリコンバレーのVRについて等を講演いただきます。

二人目は、株式会社バンダイナムコスタジオのスクラムマスター松尾 秀一郎氏です。コンシューマからモバイルのゲーム開発における変遷を追いながら、どういう形でITと混じりあう「今のゲーム開発」を進めていく事が良いかを講演いただきます。

その他、密かに注目を浴びているエフェクトオーサリングツール、SparkGearで語るエフェクトの講演や先日発表したモバイルVR開発テクニック:「 Tomb of the Golems」 の事例とSocial VRの取り組み等の講演もあり、回を重ねるごとにパワーアップしているGREE Creators' Meetupに是非ご参加ください!

  • ※ 参加費は無料です。
  • ※ 当日受付にConnpassが発行する受付票とお名刺2枚が必要となります。
    (学生の方は、受付票のみご提示ください)


スケジュール

時間 プログラム
14:30 - 開場
15:00 - 16:00 基調講演1 (ビジュアルアーツ)
ハリウッドアニメーションとシリコンバレーのVRのビジュアルデベロップメント
アートディレクター 伊藤 頼子氏
16:10 - 17:10 基調講演2 (プロダクション)
過去の変遷から考える『DevOps型大規模ゲーム開発』(仮)
株式会社バンダイナムコスタジオ 松尾 秀一郎氏
17:30 - 18:30 ビジュアルアーツ
フュージョン!イリュージョン!エクスプロージョン! SparkGearで語るエフェクト哲学
株式会社ポケラボ 池田 博幸氏
18:40 - 19:40 モバイルVR開発テクニック:「 Tomb of the Golems」 の事例とSocial VRの取り組み

Track A:ビジュアルアーツ / サウンド
 1. モバイル×VRにおける3Dサウンド実践(グリー株式会社 井上 幹)
 2. アーティストのためのプログラマブルシェーダ講座 Part 2: 「Tomb of the Golems」 の事例(グリー株式会社 酒井 駿介)
Track B:エンジニアリング /ビジネス&プロデュース
 1. VR 空間で殴られよう: 一人称視点の近接攻撃表現の事例(グリー株式会社 ブーシェ 晃 ロビン)
 2. Social VRの取り組みとしてデモ開発を通じてわかったこと(グリー株式会社 渡邊 匡志)
19:40 - 21:00 懇親会


プログラム詳細

ハリウッドアニメーションとシリコンバレーのVRのビジュアルデベロップメント(15:00-16:00)

セッション概要

ハリウッド映画業界でのビジュアルデベロップメント(ディレクターの世界観をビジュアル化する)の制作のやり方・工程作品紹介。作品を作ることへのこだわりや心がけ、考え方などのお話。シリコンバレーのVRについて。

ゲストスピーカー

伊藤 頼子(元Dreamworks Animation社・アートディレクター、ビジュアルデベロップメントアーティスト)


過去の変遷から考える『DevOps型大規模ゲーム開発』(仮)(16:10 - 17:10)

セッション概要

コンシューマゲームにおける制作体制は、時代の変遷と共に大規模化を重ね、その中で起きてきた様々な現象が、近年ではソーシャルゲームの開発現場でも起こりつつあります。本セッションでは、ゲーム開発における変遷を追いながら、どういう形でITと混じりあう「今のゲーム開発」を進めていく事が良いのかについてお話をさせて頂きます。

ゲストスピーカー

松尾 秀一郎(株式会社バンダイナムコスタジオ・スクラムマスター CSM / CSPO)


フュージョン!イリュージョン!エクスプロージョン!SparkGearで語るエフェクト哲学(17:30 - 18:30)

セッション概要

2016年現在、週50本、月にして約200本以上のゲームアプリがリリースされています。そんなレッドオーシャンの中に埋もれないための条件の一つに、見た目(グラフィック)の差別化が挙げられます。そのなかでも特に重要なカギを握る要素が「エフェクト」です。

他人と競い合い、成長要素も備えていることの多い昨今のゲームにおいて、エフェクトはそれらを盛り上げる演出部分の強化においても必要不可欠な存在です。そんなエフェクトの魅力を、初心者はもちろん、一般の方々にも面白おかしく、分かりやすく説明します。また後半ではSparkGearを用いたライブでのエフェクト制作も予定しており最新鋭のエフェクトツールに興味のあるエフェクトアーティストの方々にも見ごたえのある内容です。

登壇者

池田 博幸 (株式会社ポケラボ・エフェクトアーティスト)


モバイルVR開発テクニック:「 Tomb of the Golems」 の事例とSocial VRの取り組み

Track A(18:40 - 19:40)

Track A-1:

モバイル×VRにおける3Dサウンド実践

セッション概要

VRコンテンツにおいてサウンドは没入感を演出するとても重要な要素です。本セッションではモバイル×VRにおける3Dサウンド演出のポイントを、「Tomb of the Golems」の実例を交えて解説し、モバイルゲームにおけるサウンドデザインとの違いやVR独自のサウンド表現について、時間の許す限り詳しくお話します。

登壇者

井上 幹(グリー株式会社)


Track A-2:

アーティストのためのプログラマブルシェーダ講座 Part 2: 「Tomb of the Golems」 の事例

セッション概要

2015年11月のGCM#3で好評だった「アーティストのためのプログラマブルシェーダ講座」の第二弾。今回は、モバイルVR「Tomb of the Golems」を事例に、実際に使用したテクニックを解説していきます。カスタムシェーダを使ったリアルタイム3D表現に興味がある人・モバイルVRのグラフィックに興味がある人向けの内容です。

登壇者

酒井 駿介(グリー株式会社)


Track B(18:40 - 19:40)

Track B-1:

VR 空間で殴られよう: 一人称視点の近接攻撃表現の事例

セッション概要

GREE VR Studios で開発した Gear VR 向けゲーム「Tomb of the Golems」における、一人称視点での近接攻撃表現の事例を紹介します。VR 空間内で襲いかかってくる大型の敵の近接攻撃の表現で試したこと・失敗したこと・成功したことについてお話しします。

登壇者

ブーシェ 晃 ロビン(グリー株式会社)


Track B-2:

Social VRの取り組みとしてデモ開発を通じてわかったこと

セッション概要

多くの人に毎日遊んでもらえるVRコンテンツの試行錯誤をする中で、Social VRの技術開発用に制作したデモを通じてわかったことをお話しさせていただきます。当セッションでは、二つの技術開発用Social VRデモの実況を行います。

登壇者

渡邊 匡志(グリー株式会社)


後援

CG-ARTS協会


※1 GREE Creators’ Meetupとは

企業や所属の垣根を越えて、ゲーム業界で働くクリエイターの誰もが勉強、交流ができる場を設けたいというコンセプトの元、グリーが主催するアート・クリエイティブ領域に特化した勉強会です。4回目となる今回は、今まで2回開催したGREE Game Developers' Meetupと合同開催の形をとり、アート・クリエイティブ領域を開発者にも広げる形での開催をいたします。参加者がゲームにおける表現を追求するために実質的な勉強ができる、知恵の共有ができる、インスピレーションを得るなどができる場を提供したいという願いにより運営しています。


本セミナーにおける個人情報の取り扱いについて

本セミナーで取得する個人情報

本セミナーの実施に際し、当社は以下の個人情報(以下、本個人情報という)を取得する場合があります。

  • 氏名
  • 所属組織名(会社名・学校名)
  • 所属部署・役職
  • メールアドレス
  • 電話番号

本個人情報の利用目的

当社は、本個人情報を以下の目的で利用し、利用の目的を達した後は速やかに廃棄いたします。

  • セミナー会場ビルの入館手続きの実施
  • 受付の管理・本人確認の実施
  • 各種トラブルの対応
  • 次回のイベント等の関連する告知・連絡の実施
  • 当社とのコミュニケーションの実施
  • お問い合わせ対応
  • 共同利用者への提供

本個人情報の共同利用

当社は、以下の共同利用者に対して記載の利用目的に基づき、個人情報を提供することがあります。 - グリービジネスオペレーションズ株式会社 - 利用目的:本個人情報のデータ化・保管管理、統計処理の実施 - 対象情報:本個人情報の全て

その他の個人情報の取扱いについては、当社のプライバシーポリシーをご確認ください。

  • Twitterでシェア
  • 0
    Facebookでシェア
  • 0
    Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加

タグに関連するイベント

Facebookページ

dots.で申込可能なイベント