TOP

第12回 数学カフェ 「重力波」
クリップ
2016/04/17(日) 11:00 開催
東京都 駒場東大前

第12回 数学カフェ 「重力波」

基本情報

日 時: 2016/04/17(日) 11:00 〜 16:50
会 場: 東大駒場キャンパス(詳細は別途メールでご連絡します。)
住 所: 東京都目黒区 駒場3−8−1
主 催: 数学カフェ
参加枠参加費定員
発表者(講演者以外登録不可です)
(先着順)
1,500円
当日現金支払い
1人 / 定員1人
LT枠
(先着順)
1,500円
当日現金支払い
4人 / 定員4人
参加者
(先着順)
1,500円
当日現金支払い
35人 / 定員45人

イベント内容

第12回の数学カフェ、今回のテーマはウワサの「重力波」です!

発表内容

▪️ メイン講演1
国立天文台 学振PD 正田亜八香さん
先日、重力波の初観測がなされたという、物理の歴史に残る非常に大きなニュースがありました。
この重力波をとらえたLIGOという観測装置、とてつもない感度を持っています。重力波による空間の歪みによって1mの距離が 10^(-21)m変化したのをとらえられる程です。では、なぜこんなことが可能なのでしょうか?レーザー干渉計型重力波検出器と呼ばれるその装置の原理から今後の観測装置発展の展望まで、説明していきたいと思います。


▪️ メイン講演2
理化学研究所iTHES 久徳浩太郎さん
重力波とは何か、理論物理的な観点から数学的性質との関連を意識しつつ紹介します。
まず重力を理解する基本であるニュートン重力を解説し、引き続いて現代で最も妥当な重力理論である一般相対性理論を解説。それら2つの重力理論の違いを数学を用いて議論し、その帰結として現れる重力場の自由度=重力波を説明します。最後に、先日のLIGOによる重力波(GW150914)の初検出を踏まえつつ、重力波を用いた天文観測=重力波天文学の将来展望を紹介します。

スケジュール

時間 内容 発表者
11:00 - 11:15 15 開始挨拶 根上春
11:15 - 13:00 90(+15) メイン講演1 正田亜八香
13:00 - 13:30 30 ランチ & 自己紹介タイム
13:30 - 13:40 10 ランチ & 雑談タイム
13:40 - 13:50 10 ランチ & LT1一般相対論の基礎(対称性) 根上春
13:50 - 14:05 15 ランチ & LT2 一般相対論の基礎(ローレンツ変換) 光成滋生
14:05 - 14:20 15 ランチ & LT3 一般相対論の基礎(リーマン幾何学) 清水超貴
14:20 - 14:35 15 ランチ & LT4 一般相対論の基礎(リーマン幾何学) 高橋善樹
14:35 - 14:50 15 ランチ & LT5 理論物理学に関するLT 宮原太陽
14:50 - 16:35 90(+15) メイン講演2 久徳浩太郎
16:35 - 16:50 15 締め 根上春

会場について

会場の詳細については別途、申し込み時に登録いただくメールアドレス宛に送付します。そのため登録時にメールアドレスをお忘れないようご記入をお願いします。
→すでに会場案内送付済みとなります。以降参加登録されましたら、@kenmatsu4 宛にツイートもしくはDMでご連絡をお願いします。Twitterにアカウントがない方はmatsuken92あっとgmail.com までメールでのご連絡でもOKです。会場の詳細についてご案内をお送りします。

参加費

ランチ、飲み物、お菓子代として実費1500円をいただきます。
(ランチ会開催の後から参加された場合は、飲み物、お菓子代として500円頂戴します。)
もしあまった場合は次回分にまわさせていただく予定です。

二次会について

会の終了後に任意の参加者で懇親会を行います。参加ご希望の方は受付時に参加表明をお願いします!

数学カフェ Facebookページ

https://www.facebook.com/mathcafejapan

本イベントは終了しました
  • Twitterでシェア
  • 0
    Facebookでシェア
  • 0
    Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加

イベント参加者

タグに関連するイベント

Facebookページ

dots.で申込可能なイベント