TOP

クリップ
2016/04/12(火) 19:00 開催
東京都 半蔵門

【Developers.IO 特別編】Elastic 勉強会 #cmdevio

基本情報

日 時: 2016/04/12(火) 19:00 〜 21:00
会 場: SAPジャパン株式会社
住 所: 東京都千代田区麹町 1-6-4 SAPジャパンビル 11F

イベント内容

Elastic さんと一緒に勉強会を開催します! 2月に開催された Elastic{ON} 2016 のフィードバック、最新情報、デモンストレーション、事例などなど盛りだくさんの内容です。

「やってみた系技術ブログ」らしい内容になる予定です。

セッション概要

次期Elastic Stackの概要とデモ

Elasticスタック(Elasticsearch/Kibana/Logstash/Beats等)を利用したログの解析や検索システムの構築の事例が徐々に増えてきています。

今回は、Elasticスタックの簡単なご紹介、次期バージョンのElasticスタックに関する各種概要のご紹介を行った後、Elastic{ON}の弊社デモブースで好評だったFacechimpを利用した簡単なデモを行う予定です。

(発表者: 大谷 純 氏/Elastic)

Graph Deep Dive

Graphは、関連するデータの発見を助ける、可視化ツールです。Elastic{ON}でも多くのみなさんに興味を持っていただいた、Elasticsearch 2.3、Kibana 4.5と共に提供されるGraphを、あらためて紹介します。

(発表者: 大輪 弘詳 氏/Elastic)

Elastic Stackの機能拡張

Elastic Stack(ELKB)はプラグインにより機能を拡張することができます。

Elasticsearch、Logstashをご利用の方はプラグインを利用している方がほとんどだと思います。

Kibanaはv4.2より正式にプラグインのサポートを開始し、Beatsはリリース当初から公式ドキュメントにて開発方法が紹介されていました。

今回はElastic{ON}2016で紹介されていたBeats、およびKibana Pluginの開発の始め方をご紹介します。

(発表者: 藤本 真司/クラスメソッド株式会社)

タイムテーブル

18:30-19:00 開場・受付

19:00-19:30 セッション1

19:30-20:00 セッション2

20:00-20:30 セッション3

20:30-21:00 ビアバッシュ

21:00-21:30 解散

受付について

受付はSAPジャパンビル 1F 正面玄関にて行います。

11Fのイベント会場には入場許可書が必要です。受付にてお受け取りください。

(途中退場の場合入場許可書を担当者にお返しください)

途中入場について

20時以降は正面玄関が閉まるため、それ以降に来場される方はスタッフ(070-6646-0753)にご連絡ください。

キャンセルについて

当日キャンセルの場合はconnpassからイベントのキャンセルを行ってください。

イベントの配信はありませんので、できるだけご参加ください。

当日参加について

知人やご友人を急遽出席させたい場合、受付にて当日参加の旨をお伝えください。

当日参加の場合は名刺1枚、またはお名前・連絡先を当日参加用紙にご記入いただきます。

飲酒について

未成年者飲酒は法律で禁じられています。未成年者の方にはソフトドリンクをご用意しております。また、楽しい時間を過ごせるよう飲酒の量について当日の体調を鑑み、無理のないようご自身でしっかり管理いただくようお願いいたします。

その他

本勉強会の内容は調整中です。事前に連絡なく変更される場合がございますが、何卒、ご了承のほどよろしくお願いします。

  • Twitterでシェア
  • 0
    Facebookでシェア
  • 0
    Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加

Facebookページ

dots.で申込可能なイベント