TOP

クリップ
2016/03/31(木) 19:30 開催
東京都 白金台

Kong - API Gateway Pattern速習会@Wantedly

基本情報

日 時: 2016/03/31(木) 19:30 〜 21:00
会 場: ウォンテッドリー白金台オフィス
住 所: 東京都港区白金台5-12-7 MG白金台ビル4階

イベント内容

概要

Wantedlyが内部向けにやっている勉強会に15名様だけご招待。

皆さんはマイクロサービスアーキテクチャのAPI Gateway Patternをご存知でしょうか?

例えば、3種類のAPIを提供するサービスがあることを考えてみましょう。このうち2つはRailsで作られていて、1つはGoで作られているとしましょう。 3つのAPIはそれぞれ出来ることが違いますが、認証の仕組みだったり、スロットル制限だったり、実装が重複してしまう部分もあるはずです。OAuthを提供しようなんて時に、特に違う言語でそれぞれ実装するのはたとえよく出来たライブラリを使ってもそれなりの工数になるはずです。

こんな時、これらのAPIをまとめるGatewayを作り、共通の機構はこのGatewayで実装してしまうと問題が一気に解決します。更にサービスが増えると、いつかどんなAPIがあったんだっけ?みたいなことにもなりかねませんが、統一Gatewayに全て登録されていればそのAPIサービスを探すことも容易になるでしょう。

これを使っている身近な例では、最近のGoogleのAPIの提供の仕方がまさにこのパターンです。

https://console.developers.google.com/apis/library

では100件以上のAPIを統一的に管理し、個別に使用するAPIを有効化しOAuth認証情報を作成することが可能になっています。

今回は、このようなパターンを自前で作成する時に、現状最も良さそうなOSSのKongを紹介し、実際に触ってみたいと思います。

  • 注1: この速習会は今までの速習会よりも若干レベルが高めです。「Dockerが動きません」みたいなことになると1時間半で終わらなくなるのでおいていきます。是非Docker Composeまで動かせることを確認してから来てください。
  • 注:2 この速習会はAmazon API Gatewayとは関係が無いのでご注意ください。

対象

  • マイクロサービス化を進めていきたいと思っているエンジニア
  • Dockerが使えるエンジニア
  • Wantedly内でのマイクロサービス化の推進を手伝っても良いよというエンジニア

この速習会でできるようになること

  • 同じ機能を保ったAPIのまま、RubyからGoなど言語を徐々に移行する方法の体験
  • 各APIを、スロットル制限や認証つきで統一的に管理する方法の体験

参加要件

  • [必須] Docker, Docker Composeが使え、起動できる状態のPCを持参できること(Mac推奨)
  • 何らかの言語でJSONを返すようなAPIを作った経験がある

事前準備

Sync(グループチャットサービス)で質問受付るので事前ログインお願いします http://s.wantedly.com/1MrfKre

懇親会

  • 速習会のあと、軽食をご用意してあります。
  • Twitterでシェア
  • 0
    Facebookでシェア
  • 0
    Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加

タグに関連するイベント

2016/12/12(月) 18:30 〜 21:00
東京都 田町
2016/12/10(土) 14:00 〜 17:00
大阪府 西梅田
2016/12/27(火) 18:00 〜 22:00
東京都 麹町

Facebookページ

dots.で申込可能なイベント