TOP

クリップ
2016/03/27(日) 10:00 開催

えれくら!TypeR ~Raspberry Pi勉強会~ 第8回

基本情報

日 時: 2016/03/27(日) 10:00 〜 17:00
会 場: 香川高等専門学校 高松キャンパス 計測制御実験室(電気情報工学科棟1F)

イベント内容

(2016/3/2) タイムテーブルの注意書きを更新しています。10時からスタートとしていますが、午前中はインストールヘルプタイムですので、インストール作業で困っていない方は、午後からでもOKです。
それと、「ご用意いただくもの」のノートPCの項の説明を更新しました。現在、VisualStudio 2015の最新バージョンは「Update 1」です。古いのが入っている方は更新しておいてください。まだRC版が入っている方は、一度RC版をアンインストールしてから、最新版をインストールするほうがいいかもしれません。

(2016/2/20) とりあえず募集ページを立てました。内容はまだ練っています( ;´Д`)

Raspberry Piを使っていろいろやってみよう

えれくら!TypeRは、Raspberry Piを主題とした勉強会です。

第7回から、予習をお願いしています。
イベント内容は、予習材料を前提としたものになります。
予習材料の情報を後述しますので、当日までに読む・試す等をお願いいたします。

(なお、予習が完全にできてないとダメ、ということは ありません ので、ご安心を。
分かるところだけでかまいません し、分からないところがあったら、質問を持ってきてくださいませ。)

今回も引き続き、「Windows10 IoT Core for Raspberry Pi」を扱います。
RasPi2とWindows10 IoTにご興味のある方、どんどんご参加くださいませ。

ご用意いただくもの

  • [必須]Raspberry Pi 2
    RaspberryPiには現在、モデルが数種類ありますが、今回も、 Raspberry Pi 2 を使用します。貸し出し用のRasPi2がありませんので、必ずお持ちください。
  • [必須]Micro SDカード
    SDカードは、OSをインストールするのに使います。8GB以上の容量があるClass 10以上のものをご用意ください。
  • [あれば]ノートPC(できるだけ高性能なものがよいと思います)
    できれば、ノートPCをお持ちくださいませ。試してみた結果をそのまま持ち帰ることができるので便利です。
    ノートPCは、 Windows8.1 または Windows10 がインストールされているもの(可能ならWindows10がいいと思います) をお持ちくださいませ。
    また、ノートPCには VisualStudio 2015 Community Update 1 をインストール しておいてくださいませ。
    インストールに関する参考資料はこちら:
    開発環境セットアップTIPS.pdf

タイムテーブル

インストールで困っている方が多い、という話が結構上がったことを踏まえ、今回は10時~12時を「インストールお助けタイム」としました。
予習材料通りやってみたけど、なんかうまくいかないなー、という方、よろしければお越しください。
インストールはもうバッチリ、という方は、お昼からお越しいただいてもOKです。

  1. インストールで困ってる人お助けタイム [10:00-12:00]
    開発環境や実機へのOSインストールで困ったことになっちゃった方は、午後が始まる前に、ぜひお助けタイムへご参加くださいませ。

  2. 今回の話題について説明・自己紹介など [13:00-13:20くらい]
    簡単に説明や自己紹介などをおこないます。適宜省略などしてなるべく短時間で終わらせます :-)

  3. 情報交換 [13:20-16:30くらい、多少延びたりする]
    お互いに出し合った情報を元に議論したり、あれこれ試したりするワークショップ的な時間も時々入れたりしながら、いろいろな情報交換ができればいいなとおもっています。

    • 予習材料をもとに、情報交換
      予習を行なっていただいた際に、「すんなり分かったよ・できたよ」という方も、「途中で分からなくなっちゃって詰まっちゃった」という方もいらっしゃると思います。
      • 詰まった方は、「何のどんなことで詰まったのか」という情報を出していただければうれしいです。また、すんなり分かった方からフォローも入ると思います。
      • すんなり分かった方は、予習材料を発展させて何ができるか、とか、関連してこういう話もある、など、役に立ちそうな情報や豆知識などをご紹介いただければうれしいです。
    • 予習内容とは別に、情報交換
      「○○について調べたので話をしたい」「他のセミナーに出席して聞いてきた話をしたい」などもOKです。
      事前にタイトル・内容などを教えてくだされば、発表枠としてこの下に追記していきます。

  4. 次回の題材について [残りの時間]

予習について

※現在編集中ですが、一応載せておきます

予習材料:

  • (Web)「Windows 10 IoT Coreで始めるIoT入門」
    http://www.atmarkit.co.jp/fwin2k/operation/indexpage/index.html#win10iot
  • (書籍)宇田周平、林宜憲[著]「RaspberryPi2とWindows10ではじめるIoTプログラミング」マイナビ出版
    https://book.mynavi.jp/supportsite/detail/9784839956790.html

予習レベル:

  1. 初心者の方もここまではがんばってください
    • https://ja.wikipedia.org/wiki/Raspberry_Pi を読む
      すでに買って持ってるでしょうからRaspberryPiがどういうものかはご存知とは思いますが、もしご存じない場合は、ぜひ読んでおいてください。
    • VisualStudio 2015 Community のインストール
      開発環境のインストールは、結構な時間がかかります。なので、前もってやっていただいてくださると大変助かります。どうしても詰まってしまってダメな場合は、詰まったところまででPCをお持ちください。
      インストール時の参考資料:開発環境セットアップTIPS.pdf
    • Web記事「Windows 10 IoT Coreで始めるIoT入門」に目を通す
    • Windows10 IoT Core for Raspberry Pi イメージ書込みツールのインストール
    • 書籍「RaspberryPi2とWindows10ではじめるIoTプログラミング」を購入して目を通す
      わかるところまでで構いません、また、読んでて「これは分からんなー」というところがあったら適当でいいのでメモを取っておいていただき、会で教えていただけると、それが情報交換のネタになるので、できればお願いいたします。
  2. 分かる人は挑戦してください
    • Windows10 IoT Core for Raspberry Pi イメージの書き込み
    • Windows10 IoT Core for Raspberry Pi の起動テスト
      書込みができたら起動できるかどうかもテストしておいてくださると助かります。
    • Windows10 IoT Core用プログラムを作成してみる
      こちら http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1511/11/news042.html を参考に、Windows10 IoT Core 上で動作する、何か簡単なプログラムを作成してみてください。どんなものでもOKです。また、「作ったけど動かなかったよ・・・」もOK!その時は「なんで動かないんだろう」をネタに、情報交換しましょう。
  3. よく御存じの方はぜひお願いします
    • GPIOを使ったWindows10 IoT Core用プログラムを作成してみる
      「センサつなぐ?ああ簡単だよ」「モーター?ああもう動かしてる」というエキスパートのあなた!サンプル的なプログラムを見せていただけませんでしょうか。何卒!なにとぞ!!

先生ができるレベルの方、ぜひ先生をやってくださいませんか?みんな聞きますので!
ぜひ当日までに、このATNDページの下の方にあるコメント欄へその旨書き込んでください、枠を用意します。

会場について

香川高専 高松キャンパス 計測制御実験室(電気情報工学科棟1F)

当日、学内に案内表示を出していただけるそうなので、ご参考にしてください。

参加費

参加費は 無料 です。

  • Twitterでシェア
  • 0
    Facebookでシェア
  • 0
    Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加

タグに関連するイベント

2016/12/10(土) 13:00 〜 17:30
大阪府 新福島
2016/12/19(月) 19:30 〜 21:30
東京都 代官山
2016/12/10(土) 10:00 〜 16:00
宮城県 陸前山下

Facebookページ

dots.で申込可能なイベント