TOP

クリップ
2016/03/04(金) 19:30 開催
東京都 新宿御苑前

NetOpsCoding#2

基本情報

日 時: 2016/03/04(金) 19:30 〜 21:30
会 場: 株式会社IDCフロンティア 本社
住 所: 東京都新宿区四谷4-29

イベント内容

イベント概要

NetOpsCodingは、ネットワークインフラにおける運用を自動化した事例や システム開発の知見、有用なツールなどを共有する勉強会です。

昨今、Webアプリケーション開発やサーバ運用の現場では運用の自動化が 飛躍的に進められるようになりました。しかしネットワーク運用の現場においては、 システム開発の敷居の高さやネットワーク機器の自動制御の難しさなどの理由から、 自動化はあまり進んでいないように感じられます。
NetOpsCodingでは、自動化に向けて頑張っているエンジニア同士を互いにサポートし、 切磋琢磨し合える場を提供したいと考えています。

ライトニングトーク募集

発表は締めきりました。ご応募ありがとうございました。

ライトニングトークを募集します。 発表枠が埋まり次第、募集は終了します。 採否が決まり次第、主催者からご連絡させていただきますが、遅くとも2/25(木)頃にはご連絡いたします。 発表時間は5分でお願いします http://goo.gl/forms/Gt1scBu1wD

タイムテーブル

時間 プログラム 発表者
19:15 - 19:30 開場
19:30 - 19:40 Introduction to NetOpsCoding 土屋 太二 (ビッグローブ株式会社)
19:40 - 20:10 さくらインターネットのベアメタル自動化への挑戦 伊東 宏起(さくらインターネット株式会社)
20:10 - 20:40 ネットワーク試験自動化 GoBGPのシナリオテストを例に 石田 渉(NTT ソフトウェアイノベーションセンタ)
20:40 - 20:50 休憩/ビアバッシュ開始
20:50 - 21:10 ネットワーク運用におけるgithubの活用と今後の展望 吉野 純平(株式会社ミクシィ)
21:10 - 21:30 ライトニングトーク
ネットワーク機器のAPIあれこれ入門 ebiken(テラセンス)
NeedleWork(FWポリシーテスト自動化ツール) 鈴木 飛鳥(株式会社エーピーコミュニケーションズ)
閉域網の自動制御システムを作ってみた 大久保 修一(さくらインターネット株式会社)
検証環境をgobgpで"極力"仮想化してみた 馬淵 俊弥(ビッグローブ株式会社)
21:30 - 22:00 ビアバッシュ

発表概要

Introduction to NetOpsCoding

NetOpsCodingの趣旨について簡単に紹介します。

発表者:土屋 太二 (ビッグローブ株式会社)
発表資料: http://www.slideshare.net/taijitsuchiya5/introduction-to-netopscoding2

さくらインターネットのベアメタル自動化への挑戦

弊社ではベアメタルサービスの自動化システムを開発しており、ホワイトボックススイッチをその中に組み込んでいます。 特にホワイトボックススイッチは独自のカスタマイズ施し自動化システムに組み込んでおり、そこで得た開発や自動化のノウハウを本セッションで紹介したいと思います。

発表者: 伊東 宏起(さくらインターネット株式会社)
発表資料: http://www.slideshare.net/hirokiito969952/ss-59243977

ネットワーク試験自動化 GoBGPのシナリオテストを例に

ネットワーク機器の制御が自動化できたら、次に目指すは試験の自動化では ないでしょうか。ソフトウェアにバグはつきものです。自分の書いたプログラムが本当に正しくネットワーク機器をコンフィグし、本当に正しく動作しているか、その確認作業を人力でやっていてはまだ工程のボトルネックは人間のままです。
本発表ではGo言語で書かれたBGP実装であるGoBGPのシナリオテストがどのように自動化されているか紹介し、ネットワークの試験自動化に何が必要か皆さんと議論したいと考えています。

発表者 : 石田 渉 (NTT ソフトウェアイノベーションセンタ)
発表資料: https://speakerdeck.com/ishidawataru/netutowakushi-yan-zi-dong-hua-gobgpsinariotesutowoli-ni

ネットワーク運用におけるgithubの活用と今後の展望

12/25のアドベントカレンダーで紹介した記事の方法を紹介します。 また、その発展系として、現在構築中の仮想ルータを使ったラボでどんなことをしようとしているかを紹介したいと思います。

発表者: 吉野 純平 (株式会社ミクシィ)
発表資料: https://speakerdeck.com/junpei_y/netutowakuyun-yong-niokerugithubfalsehuo-yong-tojin-hou-falsezhan-wang

ライトニングトーク

ネットワーク機器のAPIあれこれ入門

「これからネットワーク機器のAPIを使ってプログラミングしてみたい!」
「でも、APIってどんな違いがあるんだろう?」
「こんなタイプのAPI使いたいけど、サポートしている機器はどれだろう?」
そんな「興味あるけどこれから」な皆さんとご一緒に、色々なAPIの違いを理解し、既存機器のサポートしているAPIを比べてみましょう。

発表者: ebiken(テラセンス)
発表資料: http://www.slideshare.net/kentaroebisawa/api-59059827

NeedleWork(FWポリシーテスト自動化ツール)

ファイアウォールを構築する際、最も工数がかかる工程がポリシーテストです。要件通り通信がフィルタされるかを延々と確認していく、そんな退屈なテストを自動化するツールを開発しましたので紹介させて頂きます。

発表者: 鈴木 飛鳥(株式会社エーピーコミュニケーションズ)
発表資料: http://www.slideshare.net/tanksuzuki/fw-59102915

閉域網の自動制御システムを作ってみた

弊社では、クラウドや専用サーバ、ハウジングをローカルL2接続できるプライベート接続用の閉域網を構築し、「ハイブリッド接続」というサービス名称で提供しています。この閉域網上でのパスプロビジョニングは、社内ツール(Web UI)やAPIで実施することができ、オンデマンドでの開通/解約を可能としました。
本発表では、これらを実現するネットワーク自動制御システムについて 紹介したいと思います。

発表者: 大久保 修一(さくらインターネット株式会社)
発表資料: http://www.slideshare.net/ShuichiOhkubo/20160304-netopscodinghybridpub2

検証環境をgobgpで"極力"仮想化してみた

ネットワークの業務をしていく上で,「検証」についての悩みは尽きません. 検証したくても検証機は沢山用意できるはずもなく, 少ない検証機は多人数が触るでハチャメチャな中身になってしまい,ストレスMAXです. そんな悩みを""極力""解消すべく,検証用環境のネットワークを実機とgobgpやその付属APIを使って構築してみたお話をします.

発表者: 馬淵 俊弥(ビッグローブ株式会社)
発表資料: http://www.slideshare.net/ssuser6a8d29/gobgp

参加費

イベント自体の参加は無料です。

ビアバッシュに参加される方は, 1000円を入場時にお支払いください。ビアバッシュでは、ビールと簡単なおつまみを提供いたします。

なお、ビアバッシュに参加していただかなくても、発表プログラムは参加していただけます。

懇親会

ビアバッシュ以外の公式な懇親会は用意していません。

USTREAM 生放送

イベント当日はUSTREAMにてリアルタイム中継します。参加できない方は下記URLからリモートでご視聴いただけます。アーカイブ公開の予定はありません。
http://www.ustream.tv/channel/yuyarin

アンケート

イベントのアンケートにご協力ください。 https://goo.gl/U3p6uF

  • Twitterでシェア
  • 0
    Facebookでシェア
  • 0
    Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加

タグに関連するイベント

2016/12/17(土) 19:00 〜 22:00
岡山県 岡山
2016/12/10(土) 11:00 〜 18:00
東京都 末広町
2016/12/14(水) 19:00 〜 22:30
東京都 渋谷
2016/12/23(金) 17:30 〜 20:30
東京都 神泉

Facebookページ

dots.で申込可能なイベント