TOP

クリップ
2016/02/21(日) 10:00 開催
神奈川県 横浜

CTF for Starter in IISEC

基本情報

日 時: 2016/02/21(日) 10:00 〜 17:00
会 場: 情報セキュリティ大学院大学
住 所: 〒221-0835 神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町2-14-1

イベント内容

CTF for Starter、またやります

CTF for Starterとは、mochigomaが開催している初心者向けCTF勉強会です。
CTF for Starterは、第1回を2015年10月24日に開催しており、publicでの募集は今回が2回目となります。

日時

2016年2月21日(日)13:30~(開場:9:50~)

場所

情報セキュリティ大学院大学
住所: 〒221-0835 神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町2-14-1

タイムテーブル

時間 内容
9:50 開場
10:00-12:00 環境セットアップ編(希望者のみ)
13:00 本編開場
13:30 – 14:00 オープニング
14:00 – 16:30 問題に取り組む(Web、バイナリ、フォレンジック、ネットワークで1問くらいずつ)
16:30 – 17:00 クロージング

CTF for Starterとは何か

「CTF興味あるけど何かコワイ」「CTF?聞いたことあるし興味あるけどコワイ」という方々向けに、CTFチームの1つであるmochigomaが開催するイベントです。
CTFとmochigomaについては、後述します。

参加したい方が行うべきこと

  • 登録しましょう(ここで)
  • PC(WindowsマシンもしくはMac)を持ってきましょう
  • 必要な環境を準備しましょう(※共有資料の「環境準備の手引き」を参照
  • 会場に来ましょう(上記の環境設定に自信のない方は、午前にレクチャーしますので、午前から来てください)

CTF for Starterでやること

普通にCTFで取り扱われる内容を題材に、「参加して手を動かし、話をできれば解ける」問題を独自に作成の上、取り組んでもらうということを行います。要は「これは易しいだろ」という問題に取り組んでもらうことをもくろんでいます。
このため、タイムテーブルは恐ろしくシンプルです。

易しい問題を相手にするからといって、何の役にも立たないということはありません。むしろ、誰でも(知ってれば)できることを自分の知識にプラスすることで、その後にいろいろ取り組むためのステップアップを行うモチベーションを得られることも多いです。

このため、CTF for Starterでは、以下の2つを目指します。

  • まず「やればできる」問題に「適切なツールを使って取り組む」ということ
  • 技能や知識を悪用してはいけないことをご理解いただくということ

注意事項

会場側では、外部(インターネット)接続環境は準備しません。参加者各位は必要に応じて自身が使う環境を準備してください。
本イベントにおける問題配布等は、内部の閉じたネットワークで行う予定です。

CTFとは何か?

CTFは、Capture the Flagの略で、コンピュータ技術に関連した知識や技量を競うイベントのようなものだと思っていただければ、おおよそ間違いありません。
世界的には例えばDEF CON CTFをはじめとする数多くのCTFが、日本でも、例えばセキュリティ・コンテスト(SECCON)によるCTFをはじめとして、最近は多数実施されるようになってきています。

CTF勉強会なども、さまざまなレベルのものがぼちぼち開催されるようになってきています。
初心者向けの勉強会としては、CTF for Starterがあります。

mochigomaって何?

mochigomaは、情報セキュリティ大学院大学、中央大学、情報科学専門学校(Team: IPFactory)をはじめとする複数の大学や専門学校の在学生/OBが中心となって構成しているCTFチームです。

  • Twitterでシェア
  • 0
    Facebookでシェア
  • 0
    Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加

タグに関連するイベント

2016/12/13(火) 14:00 〜 20:00
大阪府 梅田
2016/12/20(火) 19:30 〜 22:00
東京都 田町
2016/12/03(土) 13:30 〜 16:30
大阪府 高槻
2016/12/12(月) 19:30 〜 21:30
東京都 秋葉原

Facebookページ

dots.で申込可能なイベント