TOP

クリップ
2016/03/11(金) 19:30 開催
東京都 恵比寿

増員 !【#TechBuzz】3/11 第37回Unity勉強会 in 恵比寿1分

基本情報

日 時: 2016/03/11(金) 19:30 〜 22:00
会 場: HatchUp
住 所: 渋谷区恵比寿南1-13-2 エビスコート303

イベント内容

申込者多数により、会場を広い場所に変更致しました!

変更場所:ポノス株式会社 江戸オフィス
東京都渋谷区恵比寿南1丁目7-8 恵比寿サウスワン9階
※恵比寿駅西口改札から1分です

増員!(ATND,connpass合算 70名!)

TechBuzzの勉強会でご発表をご希望の方は、こちらからお申込ください!

※参加規約はこちら

■タイムテーブル

※タイムテーブルは変更になる可能性がございます。少人数開催の場合、ドリンクアップ形式となる場合があります

時間 発表者 発表内容
19:40- 稲森 亮介さま Unityでジェネレーティブアート (Unity with VOCALOID、ライフゲーム編)
20:10- ForgeManさま ARライブラリでmetaioの実用例を交えた物
20:40- ネットワーキングタイム 積極的に名刺交換しましょう!

■発表者

・稲森 亮介さま
SNS系企業で働くエンジニア兼ディレクターです

タイトル:【Unityでジェネレーティブアート (Unity with VOCALOID、ライフゲーム編)】
ゲームの演出要素やデジタルサイネージにも応用の可能性を持つ、Unityでのジェネレーティブアート。
今回はUnity with VOCALOIDとライフゲームを使った2つの作例をご紹介します。

・ForgeManさま
東京Androidスクール主任講師(元)
2011年からチームAppForgeJpのメインプログラマーとして、Unityでゲーム系、ノンゲーム系のジャンルを問わずアプリ開発を行う。2014年の末ごろからOcullus、ハコスコをいじりまわしつつ、ゲームの企画を作成中。江戸川区在住のスプリンター。よく荒川下流の高速道路下を走っている

タイトル:【ARライブラリでmetaioの実用例を交えた物】
Metaio SDKの立体認識の機能を活用したアプリ開発をもとに、認識の精度の良さなど、ARライブラリでどこまでのことが出来るのかについてお話します。

■参加対象者

・Unityエンジニアの方
・Unity開発に興味がある・仕事としてやってみたい開発者の方
・これからUntiy/iOS/Androidアプリ開発を始めようと思っている開発者の方
※営業や採用目的の方は参加できません!(受付時に確認致します)

■場所

ポノス株式会社 江戸オフィス
東京都渋谷区恵比寿南1丁目7-8 恵比寿サウスワン9階
※恵比寿駅徒歩1分です

■持参していただくもの

●名刺1枚(リピーターさんは不要です)
●参加費はTechBuzzステッカーをPCその他に貼られている方は無償です!(通常500円)
※TechBuzzステッカーは当日無償で配布しております

■クリエイター・エンジニアの皆さん、転職希望の方へ

TechBuzzを運営するHatchUpでは、Web・スマート・IoT関連のクリエイター・エンジニアの皆さんの転職サポートをおこなっております。
特徴は、(1)企画開発運用現場のリーダー、責任者、担当役員クラスのアサインメントの実績、(2)チーム移籍やチームビルド、プロジェクト立ち上げの実績となっています。

少し先の転職を想定されている方も含め、個別相談ご希望の方はこちらからお申し込みください。 お仕事終わり・平日夜や、土日の個別相談も受け付けています。

【求人・案件紹介】

■主催運営:【ソーシャルスマートコミュニティ】HatchUp

【イベント会場無償貸出し】

【3/11】第37回Unity勉強会
【3/18】第2回サーバサイド&ミドルウェア開発勉強会
【3/25】第22回HTML5+JS開発勉強会

  • Twitterでシェア
  • 0
    Facebookでシェア
  • 0
    Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加

タグに関連するイベント

Facebookページ

dots.で申込可能なイベント