TOP

ユーロ圏のフィンテックハブ・ルクセンブルク:「仮想通貨」ならびに欧州フィンテック事情
クリップ
2016/01/21(木) 15:00 開催
東京都 渋谷

ユーロ圏のフィンテックハブ・ルクセンブルク:「仮想通貨」ならびに欧州フィンテック事情

基本情報

日 時: 2016/01/21(木) 15:00 〜 18:30
会 場: イベント&コミュニティスペース dots.
住 所: 東京都渋谷区宇田川町20-17 NOF渋谷公園通りビル 8F
主 催: ルクセンブルク貿易投資事務所
参加枠参加費定員
メディア枠
(抽選制)
無料 【申込期限】
2016/01/12 18:00まで
一般枠
(抽選制)
無料 【申込期限】
2016/01/12 18:00まで

イベント内容

※ 好評につき、定員数増やしました!
本日(1/12)締め切りです。お早めにお申込ください。

フィンテック・セミナー / FinTech Seminar

ユーロ圏のフィンテックハブ・ルクセンブルク:
「仮想通貨」ならびに欧州フィンテック事情
Luxembourg As The Euro Zone’s FinTech Hub :
“Virtual Currencies” and FinTech Landscape in Europe

2016.01.21 (Thu) @ dots.

概要説明

ユーロ圏のフィンテック・ハブであるルクセンブルクからスピーカーを迎え、現地の最新情報と日本のフィンテック企業のビジネスチャンスについてご紹介するセミナーです。

ルクセンブルクには世界中から150以上の金融機関が進出し、いっぽうで楽天、アマゾンなどのグローバルICT企業が欧州拠点を構えるなど、フィンテックが育つ理想的な環境です。すでに多くのフィンテック企業がヨーロッパ向けサービスをルクセンブルクから展開しています。

セミナー冒頭では、ルクセンブルクのグラメーニヤ財務大臣が開会あいさつを行います。同大臣はフィンテックセクター育成に熱心で、2015年7月にも来日、都内で開催された「ルクセンブルク・フィンテック・セミナー」で基調講演を行いました。今回のプログラムでは現地フィンテック業界の事業環境やエコシステムを、政策側、業界団体、VCなど様々な視点からご紹介します。欧州での事業展開をご検討の方、現地の環境にご関心の方は是非ご参加ください。

また、今回の主要テーマは「仮想通貨」です。ルクセンブルクは仮想通貨企業へペイメント免許を発行したヨーロッパで唯一の国。世界各国で仮想通貨への対応が分かれる中、最先端の取り組みを知る機会を提供します。政策や法規制環境のご紹介に加え、今年ルクセンブルクに欧州拠点を開設した日本を代表する仮想通貨企業BitFlyerのお話も伺います。


タイムスケジュール

時間 / Time 講演内容 / Contents
15:00 - 15:10
開会の辞 / Opening remarks
ピエール・グラメーニヤ ルクセンブルク財務大臣 /
HE Mr. Pierre GRAMEGNA Minister for Finance of Luxembourg
15:10 - 15:30
セッション1 / Session 1

「フィンテック イノベーション ハブ ルクセンブルク」
 “FinTech Innovation Hub Luxembourg”

ニコラ・マッケル ルクセンブルク・フォー・ファイナンスCEO /
Mr. Nicolas MACKEL, CEO, Luxembourg for Finance

15:30 - 15:50
セッション2 / Session 2

「フィンテック規制の論点

 “Fintech Regulatory - Issues”

ナディア・マンザリ ルクセンブルク金融監督委員会(CSSF)
Head of Innovation, Payments, Markets Infrastructures and Governance /
Ms. Nadia MANZARI Head of Innovation, Payments, Markets Infrastructures and Governance, Commission de Surveillance du Secteur Financier (CSSF)
15:50 - 16:30
セッション3 / Session 3

「欧州ならびにルクセンブルクにおける仮想通貨」
 “Virtual Currencies in Europe and Luxembourg”

ジャン=ルイ・シルツ シルツ&シルツ法律事務所 パートナー /
Mr. Jean-Louis SCHILTZ, Partner, Schiltz & Schiltz

「日本の仮想通貨企業から見たルクセンブルク」
 “Luxembourg seen from a Japanese virtual currency company”

加納裕三 株式会社bitFlyer CEO /
Mr. Yuzo KANO, CEO, bitFlyer
16:30 - 16:50
セッション4 / Session 4

「ルクセンブルクにおけるフィンテック・スタートアップの資金源」
 “Financing Sources For Fintech Start-Ups in Luxembourg”

アラン・ロダーマン ExponCapitalファウンダー&パートナー /
Mr. Alain RODERMANN, Founder and Partner, ExponCapital
16:50 - 17:00
質疑応答 / Q&A
17:00 - 18:30
ネットワーキング / Networking
18:30
終了 / Close

※同時通訳(英語/日本語)があります。 / Simultaneous translation English/Japanese will be provided.
※プログラム・登壇者は予告なく変更の可能性があります。/ Program and speakers are subject to change.


Speakers 紹介

 Pierre Gramegna / ピエール・グラメーニヤ 

 ルクセンブルク財務大臣

駐日ルクセンブルク大使、ルクセンブルク商業会議所事務局長を経て2013年12月に入閣。入閣前は複数のルクセンブルク大手企業取締役、いくつもの諮問委員会の委員を歴任。現職としては今回3度目の来日。フィンテック業界のプロモーションを国内外で積極的に展開中。




   Nadia Manzari / ナディア・マンザリ

ルクセンブルク金融監督委員会(CSSFイノベーション、ペイメント、市場基盤ならびにガバナンス局長


ヨーロッパでの先進的取組で知られるルクセンブルクの金融規制当局から、フィンテック担当部門の局長が来日します。
講演では欧州のフィンテック規制環境とルクセンブルクの取組について紹介し、特に注目の仮想通貨企業への免許発行の背景についても触れる予定です。



 Nicola Mackel / ニコラ・マッケル

 ルクセンブルク・フォー・ファイナンス CEO

 

ルクセンブルク財務省と金融業界団体が出資するルクセンブルクの金融センタープロモーション団体が「ルクセンブルク・フォー・ファイナンス」です。フィンテック業界を支援し、政府、既存金融機関、フィンテック企業の対話を取り持っています。



 Jean-Louis Schiltz / ジャン=ルイ・シルツ

 シルツ&シルツ法律事務所 パートナー






  Yuzo Kano / 加納 裕三 

  株式会社bitFlyer 代表取締役

2001年東京大学大学院工学系研究科修了後、ゴールドマン・サックス証券にて自社決済システムの開発を行う。その後BNPパリバ証券を経て、ゴールドマン・サックス証券に再入社、デリバティブ・転換社債トレーダーとして機関投資家向けマーケットメイク、自己資産運用や企業の資金調達を行った。20141bitFlyer創業。日本価値記録事業者協会(JADA)の代表理事であり、日本でのビットコイン、ブロックチェーンの普及に全力を注いでいる



 Alain Rodermann / アラン・ロダーマン

 Expon Capital ファウンダー&パートナー





参加対象

申込・抽選制

※申込者数が定員を超えた場合、参加者は抽選で決めさせていただきます。

参加費

無料

持ち物

名刺2枚

※受付にてお名刺を2枚お渡しください。

主催

ルクセンブルク・フォー・ファイナンス

協力

在日ルクセンブルク大公国大使館
ルクセンブルク貿易投資事務所

運営協力

dots.

本イベントは終了しました
  • Twitterでシェア
  • 0
    Facebookでシェア
  • 0
    Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加

Facebookページ

dots.で申込可能なイベント