TOP

クリップ
2015/07/06(月) 19:00 開催
大阪府 大阪

TV LOVE IT #1 「テレビxITの現在と未来」

基本情報

日 時: 2015/07/06(月) 19:00 〜 21:00
会 場: 大阪イノベーションハブ
住 所: 〒530-0011 大阪市北区大深町3-1 北3エレベーターの7階 Osaka Innovation Hub

イベント内容

はじめに

テレビとネットの融合がいわれて久しい昨今、各テレビ局はITを使った様々な施策で次代を担うテレビの形を模索しています。
テレビxITの現時点での到達点を事例を交えながら紹介し、立場の異なる登壇者の視点からパネルディスカッションを通して未来の姿を紐解きます。

タイムテーブル

時刻 登壇 / 司会
18:30 - 開場
19:00 - 19:10 あいさつ
19:10 - 19:25 セッション1 番組連動システム構築について 会津 剛
19:25 - 19:40 セッション2 放送に関連するデジタルサービスについて 中山 裕
19:40 - 19:55 セッション3 テレビxラジオxインターネットを技術の視点で考える 濱口 伸
19:55 - 20:10 休憩
20:10 - 21:00 パネルディスカッション テレビxITの現在と未来 角 勝
田中 謙一郎

各セッションの詳細

セッション1. 番組連動システム構築について

近年増えてきた視聴者参加型の番組のバックエンド開発を多数行なってきた登壇者が、番組連動システムを構築する上での課題とバックエンド開発者がすべきことを話します。

登壇者 : 会津 剛

セッション2. 放送に関連するデジタルサービスについて

現在所属する株式会社デジアサでのサービスを軸に紹介する。
放送局のすぐ横にあるweb会社(?)「番組RCG」は番組連動の大きな要素である。
番組制作技術にとって一番最初に導入された(?) ITメジャーツールであるCG演出も絡めて、番組作りに触れる。

登壇者 : 中山 裕

セッション3. テレビxラジオxインターネットを技術の視点で考える

MBSが放送局として取り組んできたインターネット展開と、そこでのシステム構築・運用を通じて得られた体験、悩みどころを紹介します。
それらの課題に対する新たなチャレンジとして、昨年MBSが在阪局で初めて実施したハッカソン「Hack On Air」、それを番組化した「ハッカソンでテレビの未来が変わるTV」のOA、さらに全国62局の放送局が集うマル研で開発しているセカンドスクリーン連動システム「SyncCast」を使った番組連動トライアルの実施を通じて見えてきたオープンイノベーションと放送の関係、これからネット技術と放送が一緒になって面白いものを作っていくために求められていることついて話したいと思います。

登壇者 : 濱口 伸

登壇者一覧 (登壇順)

  1. 会津 剛 (@Ido) ─── 株式会社バスキュール
    株式会社バスキュール MJ-12所属。
    元Flashエンジニア。バスキュール入社以降は主にPythonを使ったWEBシステム開発に従事。
    最近はダブルスクリーンのテレビ連動コンテンツの設計/開発を行なっている。

  2. 中山 裕 ─── 株式会社デジアサ
    1998年に朝日放送株式会社に入社。
    制作技術センターで中継業務に携わった後、2001年より開発部にてCGに従事。
    abcバーチャルスタジオの立上げを経て、リアルタイムCG演出に深く関わる。
    制作技術ポスプロでの編集業務を経て、2013年より株式会社デジアサにて、ウェブ/データ放送/モバイル/字幕放送に携わる。昨年にはハイブリッドキャストの対応をデジアサとして対応。

  3. 濱口 伸 ─── 株式会社毎日放送
    1998年、株式会社毎日放送に入社。
    インターネットシステム開発など放送通信連携技術にかかわる研究開発に従事。
    現在、経営戦略室でメディア戦略を担当。
    2011年よりTVとスマホを連携させる放送サービスの実用化を目指すマルチスクリーン型放送研究会にて技術部会長を務める。


パネルディスカッション テレビxITの現在と未来

立場の異なる登壇者の視点から現在テレビxITが抱えている問題点に焦点をあて、未来のテレビ像を浮き彫りにしていきます。

司会者

角 勝 ─── 合同会社フィラメント

元大阪市職員。前職では「大阪イノベーションハブ」の立上げと企画を担当し、西日本を代表するイノベーション拠点に育てた。
多くのハッカソンを手掛け、Amazonカテゴリ別売上げ2位のウェアラブルおもちゃ「MoffBand」やシャープ製「プレミアムなココロボ<妹ver>」を世に出す契機を作った。
現在は大阪市を退職し「合同会社フィラメント」を設立。ハッカソンプロデューサー兼オープンイノベーション・アドバイザーとして活躍中。

パネリスト

  • 中山 裕 ─── 株式会社デジアサ
  • 濱口 伸 ─── 株式会社毎日放送
  • 会津 剛(@Ido ─── 株式会社バスキュール

  • 田中 謙一郎 ─── 株式会社ハロイド
    2000年よりバスキュールに参画し、数々のデジタル広告におけるインタラクティブクリエイションのチャレンジに関わる。この数年はテレビ視聴を参加型にするシステム「マッシブ・インタラクティブ・エンターテインメント・システム(Massive Interactive Entertainment System / M.I.E.S.)」を活用したテレビ番組を次々と世に送り出した。2015年5月より日本テレビとバスキュールのインターネット事業会社、HAROiDに参画している。


注意事項

セッションの一部は内容の性質上、録音、動画や写真の撮影を禁止させていただく場合がございます。
お見かけした際にはスタッフが声をかけさせていただきます、ご了承のほどよろしくお願いします。

懇親会

本イベント終了後には懇親会も開催されます。
ご参加を希望される方は、別途参加申し込みが必要です。
https://tvloveit.doorkeeper.jp/events/27755

主催

一般社団法人WE ARE ROOT

共催

大阪イノベーションハブ

  • Twitterでシェア
  • 0
    Facebookでシェア
  • 0
    Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加

Facebookページ

dots.で申込可能なイベント