TOP

クリップ
2014/06/14(土) 13:00 開催

【6/14 東京】出版記念! 好きなことだけして食っていく人になる! 最初の突破口セミナー

基本情報

日 時: 2014/06/14(土) 13:00 〜 20:00
会 場: 東京都港区周辺(確定次第別途ご連絡)
住 所:

イベント内容

★このセミナーのFacebookイベントページはこちら!是非「参加」をクリックしてお友達にもシェアしてください!

https://www.facebook.com/events/305094266307062/

★このセミナーに関するNo Second Lifeの記事はこちら!

http://www.ttcbn.net/no_second_life/archives/40080

お陰さまで大変好評をいただき増刷も決まった僕の新刊「サラリーマンだけが知らない 好きなことだけして食っていくための29の方法」。

この新刊のエッセンスをぎゅーっと詰め込んで半日のセミナーにしました!

「出版記念! 好きなことだけして食っていく人になる!最初の突破口セミナー」を大阪、東京、福岡、それに初めて札幌と名古屋でも開催します!

僕のメッセージをコンパクトに半日にまとめ、お伝えしたいと思っています。

是非ご参加ください!

出版記念! 好きなことだけして食っていく人になる! 最初の突破口セミナー 大阪・東京・札幌・福岡・名古屋で開催します!!

大事なのは「自由」になる前の僕の姿をお伝えすること

いまの僕は365日、24時間自由に生きています。

しかし、いまの僕がどんな生き方をしているかを皆さんにお伝えしても、皆さんの生活とのギャップが大きく、あまり参考にならないでしょう。

僕の日々の生活は、ブログやSNSを通じて発信しているので、それらを読んでいただければ十分ではないかと思うのです。

むしろ、皆さんが知りたいのは、ただの無名のサラリーマンだった僕が、まったく無名の状態からどうやって頭角を現したのか、ではないでしょうか。

誰からも注目されておらず、お金もなく、有名人の知り合いも一人もいなかった僕。

特殊技能も武器もコネも何もなかった僕がどんな想いで何をしてきたのか。

それをお伝えすることこそが、皆さんへの大きなヒントになるのではないでしょうか。

今回のセミナーでは、無名のサラリーマンだった僕がどうやって自由を獲得していったか、そのプロセスを分解し、汎用的なワークに落とし込みました。

皆さんが「好きなことだけして食っていく人になる」ための、最初の突破口をつかんでいただくことを目的としています。

「好きなことだけして食っていく」というのは、会社を辞めてフリーランスになりなさい、ということではありません。

サラリーマンのままでも十分楽しく好きなことをして生きていくことができる時代になっています。

21世紀は多様性の時代です。

その多様性の享受の仕方もお伝えしたいと考えています。

「好きなこと」ってそもそも何なのだろう?

僕が「好きなことをして食っていこう」という話をすると、必ずいただく質問があります。

「私は自分が何をしたいのかが良く分からないんですが、どうしたらいいでしょうか」というものです。

最初この言葉を聞いたとき、僕はビックリしてしまったのですが、良く考えたら僕もまったく同じだったのです。

ブログを始めた38歳までは、自分が何をやりたいのか、好きなことがなんなのかが良く分かっていませんでした。

やりたいことが分からないからこそモヤモヤした気持ちを抱えて生きていた。僕もまさにその一人だったわけです。

ブログを始めたとき、僕は自分が2年半経たずにプロ・ブロガーとして独立するなんて、夢にも想いませんでした。

「人生を劇的に変えたい!」「ブログを書くことで何かが起こるはず」という想いはありました。

でも、実際には、ブログをスタートさせ、毎日更新し続けていくなかで、どんどん自分がブログにのめり込んでいくのを感じたのです。

あのとき、僕は何を想ってブログをスタートさせたのだろう。

今回このセミナーを開催するにあたって、僕はそのことを深く深く掘り下げていきました。

そして掴んだ結果が、今回のセミナーのコンテンツになります。

実際に僕が体験したことを汎用的にまとめたワークで実践していただきます。

「好きなことをして食っていく」ためには、まずは自分が何が好きなのかを認識することが大切です。

当たり前だと思いますか?

でもそれが実践できていないからこそ、モヤモヤした日々を送っているのではありませんか?

一歩前に進むための最初のステップは、自分が好きなこととは何なのかを知ることなのです。

「眠れる才能」を「稼げる強み」に育てる方法

僕は子供のころから文章を書くことが好きでした。

でも、僕は職業としてはサラリーマン、それも営業担当からマネージャーへと進みましたので、仕事と文章を書くことは関係ありませんでした。

仕事で書く文章はメールや契約書ぐらい。僕は「書くプロ」でもなんでもなかったのです。

僕はただの「文章を書くことが好きなサラリーマン」でした。

アマチュアの僕に、ライティングの仕事を発注してくれる会社などありません。

エッセイを書かせてくれる雑誌もメディアもありません。そういう場所はプロが仕事をする場所であって、素人の僕が参入する隙などは存在しないのです。

そこで、僕は自分のブログに記事を書きまくることにしました。

スタート当初はブログには広告収入のリンクすら貼っていませんでしたので、収入はゼロです。

でも、少なくともブログなら、僕か書くことをジャマする人はいません。僕は下手くそなりに自由に書けるのです。

僕はとにかく書きまくりました。

そして、何でもいいから書きまくるのではなく、自分自身の成長を記録しようと思いました。

自分が成長した経過と結果を読者の皆さんにシェアすれば、きっと喜んでもらえるし、自分も持続的に成長できると思ったからです。

結果として、この戦略が僕の成功のキモだったと思います。

自分が成長するために、iPhoneやMacを使いまくり、ビジネス書を読みまくり、ランニングをしまくり、ダイエットをしまくり、その結果を全部片っ端からブログに書いたのです。

まったくのアマチュアがプロのレベルに到達するのに1,000時間の反復が必要だと言われています。

2008年にブログを始めて2011年に独立するまでの間に、僕はこの最初の関門を突破したわけです。

そして、プロになってしまえば1日中ブログを書くことに時間を使えるようになりますので、進化は加速します。

この道筋こそが、「眠れる才能」を「稼げる強み」に変えていくのです。

あなたが見つけた「好きなこと」「やりたい」ことを、どのようにして「稼げる強み」に育てていくのか。

その方法をお話しし、ワークで実践的に手を動かし体感していただきます。

結局勝つのは「やめない人」であるという圧倒的事実

どんなに好きなことを見つけられて、眠れる才能を強みに変える方法が分かったとしても、それだけでは何も変わりません。

次に必要なステップは、まさに「実践」です。好きなことを徹底して続けることです。

いくら僕が「文章を書くこと」「人と人を繋げること」が大好きだ!と理解したとしても、何も行動を起こさなければ人生は変わらなかったでしょう。

僕はブログを毎日何記事も更新し、ビジネス書を年間200冊読み、たくさんの人と繋がり、自分でDpubというイベントを企画し、自分が進みたい方向のセミナーにどんどん参加しました。

これらの「行動」一つ一つが積み重なってこそ、はじめて「自由」という扉が開くのです。

しかし、多くの人は、目指す方向に向かう努力を途中でやめてしまいます。

やめてしまうと、進化はそこで止まります。

圧倒的な事実として、やめてしまった人は変われないのです。

多少やり方が間違っていても、方向がズレていても、続けていれば必ず前に進みます。

そして、多くの人は「やめない技術」が存在することを知らないか、知っていたとしても活用できていません。

このセミナーでは、あなたを「やめない人」に変えるためのノウハウを学んでいただき、そしてワークで体感していただきます。

プロとアマの違いとそのハードルの越えかた

好きなことをして食っていくということは、専業でも兼業でも、他人からお金をいただくことを意味します。

自分の知識、自分が書いた文章、自分が作った商品、自分が書いたもの、自分が歌った唄。

形はさまざまですが、自分のことを知らない「他人」からお金をいただくことが必要になります。

プロとアマチュアの最大の違いは、このポイントにあります。

これは、フリーランスであるかサラリーマンであるかはまったく関係ありません。プロとしての心構えは専業でも兼業でもまったく一緒です。

知り合いや友達を集めてお披露目をしている間はアマチュアです。

プロは、知らない人からお金をいただくことができなければなりません。

多くの人が、この分水嶺を越えることができず、好きなことで食っていくことを諦めてしまいます。

しかし、アマとプロを分ける壁には、きちんとした越えかたがあると知ったら驚くでしょうか。

正しい方法でこの壁に挑めば、誰でもその壁を越えることができます。

このセミナーでは、その方法をお話しし、そして実際に壁を越える方法をワークで体験していただきます。

懇親会にもぜひご参加ください!

新刊「サラリーマンだけが知らない 好きなことだけして食っていくための29の方法」でも書きましたが、セミナーのあとの懇親会は重要な意味を持っています。

ただ料理を食べ飲み物を飲むのではなく、同じ目的を持って進みたいと願っている「同志」を得るまたとないチャンスなのです。

僕自身、サラリーマン時代から、たくさんのセミナーに参加して、懇親会で多くの同志を得てきました。

僕のセミナーでは、飲食店に移動するのではなく、セミナー会場で立食形式で懇親会を行います。

飲食店で席に座ってしまうと、周囲5〜6人の人としか話ができません。

しかし立食形式なら自由に動き回れるので、多くの人と話をすることができますし、講師である僕にも自由に声を掛けていただけます。

ケータリング会社に委託しますので、価格もリーズナブルです。

ぜひプライベート名刺をお持ちになり、たくさんの同志を得て帰ってください。

  • Twitterでシェア
  • 0
    Facebookでシェア
  • 0
    Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加

タグに関連するイベント

Facebookページ

dots.で申込可能なイベント