TOP

クリップ
2014/04/21(月) 14:00 開催
東京都 渋谷

スマートフォン・タブレットアプリの有効活用事例のご紹介

基本情報

日 時: 2014/04/21(月) 14:00 〜 16:30
会 場: AP 渋谷(東急プラザ渋谷 8階)
住 所: 東京都渋谷区道玄坂1-2-2

イベント内容

企業のタブレット導入が進み、フェンリルでもタブレット活用に関する相談が増えてきています。例えばタブレットを営業ツールとしての活用といっても、カタログパッケージの様な製品を使用するのか、それとも自社の営業スタイルに合わたオリジナルのアプリを開発すべきか等を検討していく必要があります。
本セミナーでは、アプリ開発を進めていく上で必要となる検討項目等、実際にはどのように考え進めているのか等、事例を交えながらご紹介いたします。

セミナーは2部構成となっており、第一部では営業ツールとしてアプリ活用事例からアプリの有効活用方法をお伝えします。第二部では、実際にアプリ開発を進める際に考えるべき UX(ユーザー体験)について、導入方法をご説明します。

主催 フェンリル株式会社

詳細内容(タイムテーブル)

時間 内容
14:30 – 15:15 第1部 業務でのタブレット有効活用 ~営業向け支援ツールとして~
   操作のしやすさや携帯するのに便利等の理由から、業務でのスマートフォン・
   タブレット利用が増えてきています。企業単位で見ても、ノートパソコン
   がわりに導入しコストダウンや作業効率の改善に役立てようという動きが
   活発です。
   タブレットの導入状況や導入後の課題など、市場動向をまとめつつ、実際に
   寄せられた相談や要望をフェンリルではどのようにタブレット向けアプリの
   開発に取り入れているのかを事例を交えてご紹介します。
   今回は全く異なる業界の営業支援向けアプリの2つの事例にフォーカスを
   当てて、抱えられていた課題からその実現に至る経緯についてご案内します。
15:15 – 15:20 質疑応答
\3.            休憩(10分)
15:30 – 16:15 第2部 人間中心設計とUX
   近年、製品やサービス自体の使いやすさである「ユーザビリティ」を主体と
   した考え方から、より幅広い意味を持つ「UXデザイン」という考え方が注目
   されています。 UXとはユーザー体験であり、その体験をデザイン(提供)
   することが「UXデザイン」です。
   みなさまが提供する製品やサービスは、その先にある「ユーザー体験」のため
   のツールです。だれに、どんな体験を与えるために製品やサービスを提供する
   のか検討するうえではペルソナやリサーチなどが重要になりますが、きちんと
   できていないケースも見られます。
   今回は、ペルソナやリサーチ等の良い事例、悪い事例などをご紹介しながら、
   人間中心設計やユーザビリティの考え方、UXデザインの導入方法について
   ご紹介します。
16:15 – 16:20 質疑応答

場所

AP 渋谷
住所: 東京都渋谷区道玄坂1-2-2 東急プラザ8F

  • Twitterでシェア
  • 0
    Facebookでシェア
  • 0
    Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加

タグに関連するイベント

2016/12/08(木) 19:00 〜 22:00
東京都 汐留
2016/12/09(金) 09:30 〜 17:30
東京都 新宿西口
2017/01/28(土) 13:00 〜 17:30
東京都 渋谷

Facebookページ

dots.で申込可能なイベント