TOP

クリップ
2015/04/22(水) 14:00 開催
東京都 品川

ウェアラブル ディスカッション- 生活シーンでのウェアラブル活用をとことん考える意見交換会 -

基本情報

日 時: 2015/04/22(水) 14:00 〜 16:30
会 場: 京都大学東京オフィス 会議室 2・3
住 所: 東京都港区港南2-15-1品川インターシティA棟27階

イベント内容

ウェアラブルの日常生活シーンでの活用法に関する意見交換会を開催します。

<イベント概要>

ウェアラブル活用に対する皆さまのご意見やご関心を共有しあう場として

来る4/22(水)に「ウェアラブルディスカッション- 生活シーンでのウェアラブル活用をとことん考える意見交換会 -」を開催します。


[参加対象者]

◇ウェアラブルに何らかの取組みをされている企業の方

◇企画担当の方

◇ウェアラブル・IT技術の利用を考えられている企業の方

※ 本会は、”意見交換会”のため、情報収集を目的とした参加はご遠慮ください。

※ 専門的な見解は不要ですが、参加者の皆さまのご意見を積極的に発信いただけることを期待しております。

※ 誠に勝手ながら1社2名様までとさせて頂いております。


[主催]

株式会社 神戸デジタル・ラボ


[持ってきていただく物]

・名刺(受付時にいただきます)

・参加費 1,000円

・無線LANの公開はございません。モバイル通信端末が必要な方は、お持ちください。


[申込方法]

お申込フォームはこちら

当社の「個人情報の取扱いに関する公表事項」にご同意いただく必要がございます。


タイムテーブル


13:20から受付開始



時間 講演者 タイトル
14:00 – 14:50 竹中 ナミ 氏(社会福祉法人プロップ・ステーション 理事長) 「ウェアラブル×チャレンジドについて考える」
14:50 – 15:40 山寺 純 氏(株式会社 Eyes, JAPAN 代表取締役/チーフ・カオス・オフィサー) 「ウェアラブル×日本の未来像について考える」
15:50 – 16:30 パネルディスカッション 「ウェアラブル×日常生活はどう変わる」

場所


京都大学東京オフィス 会議室2・3

住所: 東京都港区港南2-15-1品川インターシティA棟27階

講演概要

「ウェアラブル×チャレンジドについて考える」

  • 講演者
    • 社会福祉法人プロップ・ステーション 理事長 竹中 ナミ 氏
  • 概要
    • パソコンやスマートフォンの普及や発達は、チャレンジド(障がいを持つ人の可能性に着目した新しい米語)にとって、生活や働く環境の中で個性や能力を発揮する重要な道具にとって代わっています。
      実際のユーザーの観点で、現場でのICTの必要性や意外な活用法など、ご紹介いただくとともに、「ウェアラブル×チャレンジド」の可能性を考えたいと思います。

「ウェアラブル×日本の未来像について考える」

  • 講演者
    • 株式会社 Eyes, JAPAN 代表取締役/チーフ・カオス・オフィサー 山寺 純 氏
  • 概要
    • 過疎化・高齢者社会・買い物難民等に悩む地方に対して、長期的なソリューション開発に取り組み、都市のスマート化を重要ミッションとするEyes,JAPAN。
      「被災地福島は、人口減少という20年先の日本が抱える課題の最前線である」と捉え、福島発のイノベーションに取り組む同社の代表が描く日本のITの未来像について登壇いただくとともに、ウェアラブルが日本の未来にどう貢献していくかを考えたいと思います。

パネルディスカッション「ウェアラブル×日常生活はどう変わる」

  • 概要
    • 休憩をはさんだのち、講演いただく竹中ナミ氏、山寺純氏に加え、京都大学 大学院情報学研究科 助教で、ウェアラブルと通信ネットワークのあり方に関する研究を進められている西尾理志氏、弊社ウェアラブルチーム責任者アントワーヌ・ボーロンの4名と、皆さんから事前にいただいた「ウェアラブル×日常生活はどう変わる」かについて、ご意見・ご質問をもとにパネルディスカッションを行います。
  • Twitterでシェア
  • 0
    Facebookでシェア
  • 0
    Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加

Facebookページ

dots.で申込可能なイベント