TOP

クリップ
2013/11/22(金) 10:30 開催

濡れ性(はっ水/はつ油性)制御技術の基礎と応用

基本情報

日 時: 2013/11/22(金) 10:30 〜 16:30
会 場: 江東区産業会館 第1会議室【東京・江東区】
住 所:

イベント内容

【受講対象者】
・表面処理(はっ水/はつ油性)に関する研究/技術開発に関わる企業研究者、技術者の方。

【習得できる知識】
・実用基板の表面処理(はっ水/はつ油性)に関する基礎知識。
・濡れ性評価の正しい知識。

【講座の趣旨、ポイント】
 これまで、固体表面のはっ水性/はつ油性は、静的な接触角の大小で評価されることが一般的であった。しかし、静的な接触角の値が同じでも、表面状態によって液滴は異なった動的挙動を示す。本セミナーでは、固体表面の濡れ性をいかに制御し、どう評価するかについての基礎知識の修得を目指すとともに、演者らが取り組んでいる動的濡れ性制御技術や、それを利用して作製したはっ水性/はつ油性表面について、実例を挙げながら分かりやすく詳細に解説する。

【プログラム】 1.はじめに
  1-1.Youngの式(濡れの基本式)
  1-2.CassieとWenzelの式(凹凸表面、複合表面における濡れ)
  1-3.CassieとWenzelの式は本当に正しいのか?
  1-4.既存理論を否定する研究事例
  1-5.3相接触線の重要性
  1-6.静的接触角について

2.動的濡れ性について   2-1.動的濡れ性とは?   2-2.動的濡れ性制御の重要性   2-3.動的接触角と測定方法   2-4.接触角ヒステリシスとは?   2-5.接触角ヒステリシス制御に関する過去の研究   2-6.接触角ヒステリシスを抑制するためのコンセプト   2-7.接触角ヒステリシスと滑落性の関係 3.最近の超はっ水/超はつ油処理の研究動向   3-1.有機シランによる処理   3-2.ホスホン酸による処理   3-3.脂肪酸による処理   3-4.イソシアナートによる処理   3-5.最近の研究事例 4.有機フッ素化合物を利用しない新しい表面処理   4-1.枝状/環状有機シラン単分子を利用した表面処理   4-2.PDMSポリマーブラシを利用した表面処理   4-3.有機/無機ハイブリッド皮膜を利用したコーティング技術   4-4. 耐熱性に優れたはつ油性皮膜   4-5.今後の展開 5.まとめ、 質疑応答、名刺交換
  • Twitterでシェア
  • 0
    Facebookでシェア
  • 0
    Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加

タグに関連するイベント

2016/12/15(木) 19:00 〜 21:30
東京都 渋谷
2016/12/18(日) 13:00 〜 17:00
広島県 福山
2016/12/07(水) 19:00 〜 21:45
東京都 永田町

Facebookページ

dots.で申込可能なイベント