TOP

クリップ
2015/02/23(月) 15:00 開催
東京都 渋谷

【日本IBM共催】OSSで実現できるのか?(エンタープライズコンテンツ管理と、ITIL準拠の運用管理)

基本情報

日 時: 2015/02/23(月) 15:00 〜 17:00
会 場: 日本IBM 新渋谷事業所
住 所: 東京都渋谷区道玄坂1-12-1 渋谷マークシティウエスト18F

イベント内容

情報システムは企業経営にとって、益々重要になっています。

最近では、例えば企業の情報システム部門では、以下のようなニーズが多く聞かれます。

(ドキュメント管理、コンテンツ管理に関するニーズ)

・インターネットを活用し、社内だけなく、取引先や海外拠点ともドキュメントを共有したい。但し、セキュリティは確保したい。
・CADデータや研修テキストなど、機密性や付加価値が高い文書を管理するシステムを構築したい。アクセス制御、アクセス履歴の記録や、ワークフローによる管理を行いたい。
・動画データや画像データなど、大容量データを管理したい。タグや属性を付与し、検索しやすくしたい。また簡単にプレビューしたい。
・商用の製品もあるが、ライセンス費用が高額。手頃なコストで実現したい。

(ITIL準拠の運用管理に関するニーズ)

・社内からの情報システムに関する問い合わせは、情報システム部門が電子メールにて受け付けている。これだけでは対応の漏れや遅延が発生するリスクがあるため、まずはインシデント管理を確実に行いたい。
・システムの障害を予防するために、変更時の計画策定やレビュー、テストの実施などを確実に行いたい。その為、変更管理のプロセスを策定し、確実に実施したい。
・上記のような運用管理を行うツールは存在するが、ライセンス費用が高額であり導入できない。オープンソースで対応できないか?

近年、オープンソースの活用はLinuxやミドルウェアだけではなく、業務アプリケーション領域まで広がっています。

そこで本セミナーでは、オープンソースの業務アプリケーションを活用し、低コストで上記のような課題を解決できる方法や事例をご紹介します。

また、オープンソースを活用するからといって、情報システムの信頼性を犠牲にしてよいというわけではありません。

IBMでは、性能と信頼性に優れたIBM Power SystemにLinuxを搭載した「Linux on Power」を提供しています。

これとオープンソースの業務アプリケーションとを組み合わせることで、ソフトウェアコストを大幅に削減しながら、高い性能と信頼性を実現することが可能です。

本セミナーでは、既に「Linux on Power」で動作検証済みのオープンソース業務アプリケーションをご紹介致します。

お客様は、すぐにでも「Linux on Power」+オープンソース業務アプリケーションを導入することが可能です。

少人数のセミナーとなっております。

ご参加を希望される方は、今すぐお申込み下さい。

開催概要

日時:2015/2/23(月) 15:00~17:00
場所:日本IBM 新渋谷事業所
   http://www-06.ibm.com/ibm/jp/about/office/map/shin_shibuya.html
プログラム
14:45~
受付

15:00~
ご挨拶
日本アイ・ビー・エム株式会社 システム製品事業本部パートナーソリューション営業部
部長 佐々木 言

15:05~15:40
オープンソースを活用した、CAD・動画・研修テキスト等の管理
~オープンソースのEnterpriseコンテンツ管理「Alfresco」のご紹介~
株式会社ヴィセント 森 貴史
Alfrescoは世界212ヶ国、1100万人のビジネスユーザーに利用されているオープンソースのドキュメント管理ツールです。
企業及び組織における構造化されていないファイルやドキュメント、CAD、動画、研修テキストなどの重要なデータに対して、検索、関連付け、アクセス制限、バージョン管理、保管期限管理などを含む、様々な機能を提供します。
本セッションでは、Alfrescoの紹介と、実際にAlfrescoでCADや動画、研修テキストなどを管理する場合の例などをご紹介します。

15:40~16:15
オープンソースで実現する、ITIL準拠の運用管理
~OTRS(オーティーアルエス)のご紹介~
株式会社クラウドエイジア 竹原 俊広
クラウド環境/仮想化環境が普及した現在、システム運用がクローズアップされており、ITILが注目されています。ところが、従来のITIL準拠の運用管理ツールは、とても高額なものです。
本セッションでは、オープンソースのITIL準拠運用管理ツール、「OTRS(オーティーアールエス)」をご紹介します。OTRSは、ITILに準拠したオープンソースの運用管理ツールです。
ITILに準拠したITサービスマネージメントを実現するための「インシデント管理」、「問題管理」、「構成管理」、「変更管理」、「ナレッジ管理」などの機能を提供します。また、Zabbix等の各種運用監視ツールとも連携し、自動的にイベントを取り込み、「インシデント」を生成することが可能です。

16:15~16:50
次世代基幹システムの最適プラットフォーム
~IBM Power Systems」最新情報のご紹介~
日本アイ・ビー・エム株式会社
基幹業務のITインフラとしてx86サーバーの限界が指摘される中、多くの分散システムを統合でき、また、外部のストレージともボトルネックなく高速接続できるLinux on Powerへの期待は大きく、昨今、Linux on Powerの徹底したオープン化への取り組みはIT業界の取り組みを変えつつあります。
使い勝手もIAサーバーと大きな違いはなく、Linux技術者であればすぐに使いこなすことができ、また、モバイル・ファースト時代に対応する次世代基幹システムには最適プラットフォームであり、処理能力、安定稼働、堅牢セキュリティを優れたコストパフォーマンスで実現可能なIBM Power Systemsの最新情報をご紹介致します。

16:50~17:00
アンケート
※質疑応答は、上記講演時間に含みます。

主催:
日本アイ・ビー・エム株式会社
株式会社オープンソース活用研究所
株式会社ヴィセント
株式会社クラウドエイジア
※申込みに際してご登録頂く個人情報は、主催、共催、協賛、協力の各企業の個人情報保護方針に従い厳重に管理され、情報交換のほかサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただくことがあります。

  • Twitterでシェア
  • 0
    Facebookでシェア
  • 0
    Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加

タグに関連するイベント

2016/12/18(日) 12:00 〜 20:00
兵庫県 旧居留地・大丸前
2016/12/10(土) 13:00 〜 17:00
広島県 宇品二丁目
2016/12/13(火) 14:00 〜 20:00
愛媛県 大街道

Facebookページ

dots.で申込可能なイベント