TOP

クリップ
2013/10/06(日) 11:30 開催
東京都 江古田

江古田ユニバース2013

基本情報

日 時: 2013/10/06(日) 11:30 〜 10/14(月) 19:30
会 場: 江古田駅自転車駐車場
住 所: 東京都練馬区旭丘1-78-7

イベント内容

江古田ユニバース2013 -INFANCY OF ECODA- 概要
〇メインイベント期間:2013年10月6日(日)~14日(日)
〇事前展示期間:9月6日~10月5日
〇主催:江古田ユニバース2013実行委員会
〇参加作家:34組
〇内容:「江古田をアートの町にしたい!」そんな壮大な夢を持った若者達が集まって、アーティストや町の人達が協力し合って演劇、映像などの上演、音楽の演奏、美術作品の展示などを行っていきます。

〇主な開催場所:東京都練馬区 西武池袋線各駅停車 江古田駅周辺の約10カ所の施設
■電車:西武池袋線池袋駅から各駅停車で10分、大江戸線新江古田駅から徒歩10分
■車:環状7号線を千川通り沿いに降り、2分。

江古田駅住所:〒176-0005 東京都練馬区旭丘1-78-7 ※車で来られる方は地域界隈の有料駐車場にお停め下さい。江古田ユニバース側で用意している駐車場はございません。

●江古田ユニバース2013参加アーティスト
<美術>
Laboratory Plan:Ecoda universe 2013、Joshibi Old girls Collection、アートビリティ、磯部沙恵里、うしこ、大野光一、岡本なう、片桐三佳、倉片友子、木下直人、ココロノオト、田嶋奈保子、寺田忍、中井愛、中島理絵、服部俊弘、堀江香子、ミカミまこ・kiki、三田村龍伸、百瀬晴海、森裕貴、渡邉舜史

<映像>
泉和良、坂間真実、土本亜祐美、江古田ユニバース

<演劇、ダンス>
uppull(es) map、演劇活性化団体UNI、人体連盟、末原拓馬(おぼんろ)

<音楽>
柚季純、magro、月蝕のサーカス団、川上友紀
(計34組)

●江古田ユニバース2013展示会場
・メイン展示会場
区立江古田駅自転車駐車場 / 松風窗 / 鳥忠 / ギャラリー古藤 / キリスト聖協団練馬教会 / Vieill /中庭ノ空 / いちカフェ /ワンズスタジオ / 兎亭 / Wild Nature / ギャラリーショップ水土木 / THREE NINE / みつぼし / OILife / ふたばねこ /ぶな / festa / 江古田市場 /カフェ・フライングティーポット / 聖ガブリエル教会 / MARIMO caf’e65(事前展示企画のみ) /(計22会場)

・関連企画会場
BEANSACT /区立旭丘中学校・外壁フェンス / 佐々木邸 /第二駐輪場(計4会場)

「人は誰でも子どもだった」
言われるまでもなく当たり前の事です。
しかしながら、現代社会に生きる私達は大量の情報量に囲まれ、様々な選択を迫られ、そのたびに消耗し、子どもの頃に持っていた「大切な何か」を忘れていきます。その複雑な社会は必死に適応していく人と適応できない人をふるい分けていきます。その歪みは鬱などの精神疾患や自殺という形で表出しています。
江古田ユニバースは「江古田をアートの町にしたい」を合い言葉に2年間活動を続けてきました。なぜアートの町にするのか。それは上記した現代社会の歪みをアートによっていくらかは改善出来ると思うからです。
アートは「非日常」を生みだし、人が忘れ去ってしまった「何か」を思い出させてくれる装置として機能します。人生について、生きる事の意味について、恋、夢、希望、思い出・・・、その「何か」は人によってそれぞれでしょうが人に「生きていく力」を与えてくれる事は確かです。
3年目のテーマは「INFANCY」。直訳すると「幼年時代、幼児期、揺籃期」などの意味です。
この展覧会をきっかけに大人になった私達が「大切な何か」を思い出すきっかけになる事を願います。
総合企画 三田村龍伸

マップパンフレット・イベント詳細・アーティストコメント

江古田ユニバース2013webページ

  • Twitterでシェア
  • 0
    Facebookでシェア
  • 0
    Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加

Facebookページ

dots.で申込可能なイベント