TOP

クリップ
2014/10/29(水) 19:00 開催
東京都

第12回 Atlassian ユーザーグループ @Rakuten #augj

基本情報

日 時: 2014/10/29(水) 19:00 〜 21:00
会 場: 楽天株式会社
住 所: 東京都品川区東品川4-12-3 品川シーサイド楽天タワー

イベント内容

概要

アトラシアン コラボレーションビジネス統括部長 来日参加! アトラシアンのユーザーが集う会、アトラシアンユーザーグループです。 今回はアトラシアンの Collaboration 系製品(Confluence、HipChatなど)ビジネス統括部長である Bernardo de Albergaria も参加します! Confluence やHipChatを利用されている方、使ったことはないけれど興味があるという方も、ぜひご参加ください。Q&A セッションがあり質問を受けられますので、中級者、上級者の方もぜひご参加ください。 また、その他に 2 つのセッションを予定しています。Beer バッシュ(ピザ、ビール、ソフトドリンク等を用意) も準備しております!ユーザー同士情報交換をしましょう。

対象

  • アトラシアン製品ユーザー
  • アトラシアン製品に興味がある方
  • コラボレーションツールに興味がある方
  • その他

アジェンダ

  • 19:00 - 19:20 開場,受付
  • 19:20 - 20:00 「Confluence & HipChat Keynote」 (Bernardo de Albergaria @ Atlassian) 同時テキスト翻訳をこちらのHipChatルームで行う予定です。
    http://www.hipchat.com/gznuPAV4D
  • 20:00 - 20:10 Beer Bash!!
  • 20:10 - 20:20 「Confluence + JIRA + Stash : ミニマリストアプローチ」( @kawaguti @Rakuten)
  • 20:20 - 20:45 「大規模Conflunceの運用~管理画面でできるあれこれ」 (高橋邦洋@ヤフー株式会社)

スピーカー紹介

「Confluence & Hipchat Keynote」 (Bernardo de Albergaria @ Atlassian)

Bernardo de Albergaria is vice president and general manager of the collaboration product group at Atlassian. He is responsible for driving the strategic direction of the company's collaboration product family–which includes Confluence, Atlassian's best-in-class team and content collaboration platform, and HipChat, the company's secure, real-time unified collaboration platform for teams–across engineering, product management, and product marketing. Prior to Atlassian, Bernardo spent 15 years at Citrix where he held several executive roles including vice president and general manager of the company's SaaS products, its collaboration line of business, and its global marketing and eCommerce division. He has also successfully built and launched new brands, products and services for several high-tech and consumer startups including Sprint, Infonet and Teletech.

「Confluence + JIRA + Stash : ミニマリストアプローチ」(@kawaguti@Rakuten)

プレゼン内容(構想)

これから開発プロジェクトを始める人に「こうやってはじめるといいよ!」って 上手にアドバイスできるよう、最小限どこから手を付けるべきか、考えてみました。 道具を使いこなすのは、道具のすべての機能を使うことではありません。 プロダクトはいろいろな利用者の要望をかなえるように設計されているので、 自分たちにあった使い方を見つけるためには、不要な機能はいったん無視することが大事です。 Webサービスのプロダクト開発のフローを念頭に、チームの中心に共通理解を醸成するために、 どのあたりでConfluenceとJIRAとStashを使っていくかを概観します。 また、ビット(PCのなか)とアトム(PCの外)の連携についても考えます。

発表者の略歴

楽天株式会社 アジャイルコーチ スクラムを中心にどうやって/うまく/よいプロダクトを生み出せるかをチームと伴走しながら考える仕事をしています。 研修の企画運営もしています。新人研修とか外タレ研修とかチーム向けに自分でやるやつとかよろず相談とか。 電車で行ける海外カンファレンス Rakuten Technology Conference 実行委員。 XP祭り、スクラムギャザリングの実行委員、AsianPLoPのプログラム委員。

大規模Conflunceの運用~管理画面でできるあれこれ」 (高橋邦洋@ヤフー株式会社)

発表者の略歴

2007年よりヤフー株式会社にてConfluenceを中心に社内システムの運用を担当

場所

楽天株式会社 楽天タワー1号館 @ カフェテリア

  • Twitterでシェア
  • 0
    Facebookでシェア
  • 0
    Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加

タグに関連するイベント

2016/12/10(土) 13:00 〜 17:00
広島県 宇品二丁目
2016/12/10(土) 18:00 〜 21:00
2016/12/18(日) 13:30 〜 17:30
東京都 東京
2016/12/13(火) 18:00 〜 22:00
東京都 麹町

Facebookページ

dots.で申込可能なイベント