TOP

クリップ
2013/11/17(日) 14:00 開催
蹴上

イエルク・デムスによるブラームス レクチャー&コンサート

基本情報

日 時: 2013/11/17(日) 14:00 〜 18:00
会 場: 音楽空間ネイヴ
住 所: 京都市左京区岡崎東天王町33 こまだビル2F

イベント内容

《レクチャー日程》20131117日(日) 14時から

《開場》 音楽空間ネイヴ 

                    京都市左京区岡崎東天王町33 こまだビル2

《入場料》  5,000円(前売) 5,500円(当日) 

                            3,000円(学生) 

      

《内容》 ブラームス:7つの幻想曲Op.116

                     間奏曲Op.117

                    小品集Op.118/Op.119

                    ラプソディト短調Op.79-2

 

 

 

ウィーンでデビュー以来、カラヤンや小澤征爾、フィッシャー・ディスカウとの共演を好み、数々の名演を残してきた『ウィーンの三羽烏』の84歳の大巨匠イエルク・デムス。今年でデビュー70周年を迎えたロマン派最後の大巨匠と言われるイエルク・デムス。

 

その巨匠の音楽への愛と熱情は一層凄みを増し、今年3月には、ウィーン楽友協会でのコンサートも成功をおさめた。その巨匠が、ブラームスについて語り演奏する。

 

イエルク・デムスは1928年オーストリアに生まれ、ウィーン国立音楽アカデミーで学び、ピアノをW・ケルシュバウマー、オルガンをカール・ワルター他、指揮、作曲などを学ぶ。日本でも人気のある、ワルター・ギーゼキンング、ヴィルヘルム・ケンプ、アルトゥール・ミケランジェリにも教えを受け、現在では、ウィーン黄金時代の香り高き伝統を継承する巨匠とも呼ばれている。1943年、弱冠14歳でウィーン学友協会にてデビュー、1948年から本格的にヨーロッパ、アメリカで活躍。1947年にはオーストリア音楽賞、ウィーン楽友協会名誉賞を受賞。1956年ブゾーニ国際コンクールで優勝し、国際的名声を不動のものとする。以降、フリードリヒ・グルダ、パウル・スコダと共に『ウィーン三羽烏』と呼ばれ、ヘルヴェルト・カラヤン、

 

アンドレ・クルュイタンス、ヴォルフガング・サバリッシュ、小澤征

爾ら世界的な指揮者の他、歌手のエリザベート・シュルヴァルツコプ

フ、エリー・アーメリング、フィッシャー・ディスカウ、フルートの

パトリック・ガワロ、ヴァイオリンのヨーゼフ・スークら名手と共演

るなど、世界的に華々しく活躍。1970年にはベートーベン生誕

 

200年記念のフェスティバルで、ベートーベン所有のハンマーフリュ

ーゲルを演奏し、ベートーベンリングを授与された。また、2006年に

はオーストリア政府より第一級芸術文化名誉十字勲章を、フランス政

府よりレジオンドヌール勲章を授与された。日本には、1961年初来日

以来、度々訪れ、演奏会、講演会、レッスンなど後進の指導にも力を

注いでいる。

 

 

 

 

 


              

  • Twitterでシェア
  • 0
    Facebookでシェア
  • 0
    Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加

タグに関連するイベント

2016/12/17(土) 19:00 〜 22:00
岡山県 岡山
2016/12/08(木) 19:30 〜 22:00
東京都 西新宿

Facebookページ

dots.で申込可能なイベント