TOP

クリップ
2014/03/01(土) 11:00 開催
東京都

CLR/H in Tokyo 第1回

基本情報

日 時: 2014/03/01(土) 11:00 〜 18:00
会 場: 日本マイクロソフト 品川本社(SGT) VIP Board Room
住 所: 東京都港区港南 2-16-3 品川グランドセントラルタワー

イベント内容

2月15日開催予定だったCLR/H in Tokyo第1回勉強会を3月1日に再設定して実施します。
2月15日は積雪のため当日に開催を延期連絡を行い大変申し訳ありませんでした。

また、2月15日には登壇予定でした松田 和樹(eagle0wl)氏と、辻 伸弘氏のセッションは4月以降に予定している第二回勉強会でご登壇頂く予定となります。ご注意ください。

北海道ITコミュニティ in 東京! And 縄神様上京記念!

LT募集しております。LT希望の方はコメントで参加表明をお願い致します。

詳細、調整中です。決まり次第、ご案内致します。
取り急ぎ、開催日時をご案内致します。

プレゼント

CLR/Hちゃん、縄神様、ウェブマトリクスマンのステッカープレゼント!
プロ生 さんからステッカーの提供がありました!
プロ生ちゃんステッカーもプレゼント!

参加費

500円(おやつ、飲み物、食器代)

タイムテーブル(現在調整中のため変更の可能性があります。)

時間 発表者(敬称略) タイトル
11:00 – 12:00 井上 章 最新Web アプリケーションパターンと .NET(仮)
12:00 – 13:15 お昼
13:15 – 14:00 縄神様 WFでワークフロー
14:15 – 15:00 割と普通 Windows Azure SDK 百花繚乱(仮)
15:00 – 16:00 ハイパーおやつタイム & LT
16:00 – 16:45 講師調整中 Orchestrator SDKについて
17:00 – 17:45 横井 羽衣子 (よこい ういこ) & 渡部 新一 (わたなべ しんいち) 管理者は見た!スペシャル : プロセス殺人事件 – 誰が彼女を殺したか(仮) -“和服熟女と元鬼エンジニアコンビが事件に挑む!ワトソン博士を凌ぐ名推理!?管理者が泣いた 0×80004005 エラーの謎!”
17:45 – 18:00 片づけ & 撤収
※順番、内容は都合により変更される可能性がございます。

懇親会

勉強会後、近所の居酒屋を席だけ予約し懇親会を実施予定です。
3,500円前後で収まるはずですので興味がある方はご参加ください。

諸注意

電源、回線など確認中です。

お問い合わせ

お問い合わせはCLR/H 代表 ナオキ までお願い致します。

セッション詳細

最新Web アプリケーションパターンと .NET(仮)

次世代型の Web アプリケーション パターンと技術選択について、最新の Visual Studio 2013 と Windows Azure / ASP.NET をベースに、デモを交えてご紹介します。

井上 章

ASP.NET をはじめとする Web 開発テクノロジー好きのエバンジェリスト。高校時代に付けられたあだ名 “チャック” を使って活動中。某所での「"日本の赤シャツ男" になりたい」発言のかいもなく、緑タイツのイメージが拭えなかったのが最近の悩みでございます(/ω\)イヤン

WFでワークフロー

WF はその人気情報量のなさからも日本だと、書類申請とかできるの?、的なイメージを持たれてしまいがちですが、実際にはそういった日本的ワークフローにもちゃんと利用することができます。今回は簡単なワークフローシステムを構築する際のポイントを、WFってそもそもなにさ?、という説明も交えて話します。

縄神様

Windows Azure SDK 百花繚乱(仮)

Windows Azure SDK は .NET Framework 向け以外にも Java, Ruby, Node.js 等、多様な言語向けにリリースされていることをご存じでしょうか?多様な言語向けに Windows Azure SDK がリリースされているのはもちろんのこと、最新バージョンの SDK では Windows Azure のWebサイト, 仮想マシン, メディアサービス等々の Windows Azure 上でのサービスが利用可能になっています。PowerShell や Node.js の管理コマンドとの関係も含め、Windows Azure 回りの SDK 情報をお届けしたいと思います。

割と普通

Orchestrator SDKについて

インフラ系のエンジニアですら名前は聞いた事あるけどよく分からんと言われるかわいそうな子 System Center Orchestratorについて簡単な概要と、開発者の方が多いと思いますので、Orchestrator SDKを利用したカスタム アクティビティ開発をメインにお話をさせて頂きます。
※2/20日にあったTech Fielders セミナーとほぼ同じ内容です。

講師調整中

管理者は見た!スペシャル : プロセス殺人事件 – 誰が彼女を殺したか(仮) -

“和服熟女と元鬼エンジニアコンビが事件に挑む!ワトソン博士を凌ぐ名推理!?管理者が泣いた 0×80004005 エラーの謎!”

日々のお問い合わせにおいて、トラブル発生時の初期対応はその後のコストや期間を決定づけうるほど重要な意味を持ちます。これまでのサポートの経験から「問題が起きた」というとき、どのように問題を定義し、ヒアリングをしていくことで状況を整理していくのかについてご紹介します。ご自身が問題を報告されたお立場になったときに、お役に立てればと思っています。

横井 羽衣子

ILM 一家プロジェクト構成員。「管理者は見た!」ブログを細々と運営。今は SQL の接続およびデータアクセス担当。文系一直線の林檎信者から気づいたら IT 業界に就職し、なぜか流れ流れて悪の帝国と思っていた会社に居ついて今年でたぶんだいたい 13 年くらいに。兼業主婦。

渡部 新一 (わたなべ しんいち)

ILM 一家プロジェクト構成員。前社含め、業務はサポート一直線。今年の 5 月で社歴 21 年の大ベテラン。MS の怪しい時代を知る男。新しいガジェットが出ると試さずにいられない。現在は大猫(しっぽ入れて 1m 程度)の下僕。「白髪鬼」。

  • Twitterでシェア
  • 0
    Facebookでシェア
  • 0
    Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加

Facebookページ

dots.で申込可能なイベント